著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
【東京五輪】決勝Tの激論(1)4対0勝利のフランス戦「日本代表最大の課題が解決するかも」
大住良之,後藤健生
サッカー五輪代表「勝利」の陰で(3)川崎Fの左IHが見せた「可能性」
後藤健生
サッカー五輪代表「勝利」の陰で(2)南アフリカ戦をモノにした久保建英の「個の力」
後藤健生
サッカー五輪代表「勝利」の陰で(1)久保、堂安のゴールでも…「メキシコにはチーム力で及ばず」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第68回「五輪サッカー」2000年の記憶の巻(2)1500キロの24時間ドライブ
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第68回「五輪サッカー」2000年の記憶の巻(1)初戦の南アフリカ戦は逆転勝利
後藤健生
「日本のオリンピック感情」(3)IOCに対する反感
後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(6)「男子も女子も全年代で日本はGLを突破」「ベスト4で6試合できれば日本サッカーにとって大きい」
大住良之,後藤健生
「日本のオリンピック感情」(2)経済発展の成果を示した3つの大会
後藤健生
「日本のオリンピック感情」(1)日本サッカーを底上げした「2つの五輪」
後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(5)「五輪は男子と女子の状況がぜんぜん違う」「なでしこジャパンの期待は遠藤純」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(4)「五輪本番グループリーグ突破のシナリオ」「突破できればベスト4は見える」
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 32