著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
カタールワールドカップ「グループE」で日本と同組のドイツとスペインを「恐れすぎなくていい」理由【見えてきた日本代表「ワールドカップ16強」への突破口】(1)
後藤健生
「ワールドカップの初戦、アメリカ戦での形でドイツからボールを奪えれば点を取れる」本大会でメンバーに入るための条件とは?【サッカー日本代表「W杯前最終調整」アメリカ代表戦後の激論】(5)
大住良之,後藤健生
日本代表の絶対的な「3人の選手」とドイツ戦で使うべきシステムとは?「遠征2戦目で田中碧をどう起用するかは見もの」【サッカー日本代表「W杯前最終調整」アメリカ代表戦後の激論】(4)
大住良之,後藤健生
守田英正の圧巻プレー「苦しい時でも局面を変えられる力を持っている」【サッカー日本代表「W杯前最終調整」アメリカ代表戦後の激論】(3)
大住良之,後藤健生
気になった久保建英の「左サイド」!「一番の良さ」を引き出すために必要なこととは? 冨安健洋、酒井宏樹、伊藤洋輝、日本の大型サイドバックの魅力【サッカー日本代表「W杯前最終調整」アメリカ代表戦後の激論】(2)
大住良之,後藤健生
森保一監督「理想」の守備!中盤のボールカットは「前田大然のおかげ」「やれといわれれば90分間続けられる」【サッカー日本代表「W杯前最終調整」アメリカ代表戦後の激論】(1)
大住良之,後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第129回「世が世なら、もしかしたら王様?」の巻(2)日本と正反対の韓国サッカー関係者との関係
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第129回「世が世なら、もしかしたら王様?」の巻(1)苗字1文字の読み方での「王家の血筋」の見分け方
後藤健生
「11人制」が教えてくれた「差の詰め方」とワールドカップに向け「やるべきこと」【ブラジルとの対戦で見えたフットサル日本代表の現在地】(2)
後藤健生
木暮賢一郎日本代表監督、ブラジル代表に「勝ちに行く」の言葉も「完敗」!圧巻の個人戦術と余裕プレーに差【ブラジルとの対戦で見えたフットサル日本代表の現在地】(1)
後藤健生
「久保建英の使い方は悩みどころ」「カギとなるのは遠藤航」【日本代表「ワールドカップへの最終準備」9月ドイツ遠征直前の激論】(5)
大住良之,後藤健生
9月23日アメリカ戦「日本代表ベストメンバー」は?「注目はチームとしての守備」「伊東純也らで攻撃の形はつくれるはず」【日本代表「ワールドカップへの最終準備」9月ドイツ遠征直前の激論】(4)
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 73