後藤健生の「蹴球放浪記」

後藤健生の「蹴球放浪記」第137回「各国語、各国通貨が飛び交うダフ屋の現場」の巻(2)「チケット問題」に揺れたフランス大会の真実
後藤健生
後藤健生
2022.11.24
蹴球放浪家・後藤健生は、多くのワールドカップを観戦してきた。大会の数だけ、感動がある。そして、辛い思いも…。今だから話せる、「時効」の話がある。 警官の姿が見えなくなったら、さっそくダフ屋再開です。 こんなことを言ってくる奴がいました。「…
後藤健生の「蹴球放浪記」第137回「各国語、各国通貨が飛び交うダフ屋の現場」の巻(1)イタリアでの警察官との秘密のやり取り
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第136回「ワールドカップとチケット」の巻(1)観戦と宿泊に振り回されたスペイン・ワールドカップ
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第135回「マラリアの薬で危うく自我崩壊」の巻(2)化学物質が持つ脳への恐ろしい影響力
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第135回「マラリアの薬で危うく自我崩壊」の巻(1)カタール・ワールドカップに必要な準備
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第134回「ウルグアイで見つけた超傑作テレビCM」の巻(2) わずか30秒に凝縮された国民の複雑な気持ち
サッカー批評編集部
後藤健生の「蹴球放浪記」第134回「ウルグアイで見つけた超傑作テレビCM」の巻(1)バールの男たちからにじみ出る諦念と、その本心
サッカー批評編集部
後藤健生の「蹴球放浪記」第133回「運転手へのチキッティブン」の巻(2)サポーターからの称賛のチャントが渦巻いたバス
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第133回「運転手へのチキッティブン」の巻(1)選手団さえも巻き込まれた大渋滞
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第132回「優しすぎてイライラする日本の路線バス」の巻(2)アルゼンチンでは運転手も乗客もサバイバル
サッカー批評編集部
後藤健生の「蹴球放浪記」第132回「優しすぎてイライラする日本の路線バス」の巻(1)同じ路線でもライバル関係で成り立つ韓国
サッカー批評編集部
後藤健生の「蹴球放浪記」第131回「インドネシアの悲報で思い出す人生唯一の催涙ガス体験」の巻(2)南米では暴れるファンも鎮圧する警察も「プロ」
サッカー批評編集部
後藤健生の「蹴球放浪記」第131回「インドネシアの悲報で思い出す人生唯一の催涙ガス体験」の巻(1)注意が必要な南米での試合観戦
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 17
おすすめ