後藤健生の「蹴球放浪記」

後藤健生の「蹴球放浪記」第131回「インドネシアの悲報で思い出す人生唯一の催涙ガス体験」の巻(2)南米では暴れるファンも鎮圧する警察も「プロ」
サッカー批評編集部
サッカー批評編集部
2022.10.06
世界を回っていれば、危険な目に遭うこともある。蹴球放浪家・後藤健生も、リスクゼロで取材を続けているわけではない。今回はインドネシアでの悲報に、南米での危険なゲームを思い起こす。 さて、バスに乗ってスタジアムに向かいました。バスの前後に2台…
後藤健生の「蹴球放浪記」第131回「インドネシアの悲報で思い出す人生唯一の催涙ガス体験」の巻(1)注意が必要な南米での試合観戦
サッカー批評編集部
後藤健生の「蹴球放浪記」第130回「運動神経が必要な高速エスカレーター」の巻(2)モスクワと似ている北朝鮮の「地下鉄道」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第130回「運動神経が必要な高速エスカレーター」の巻(1)アーセナル対マンチェスター・シティを観戦した1972年のロンドンでの初体験
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第129回「世が世なら、もしかしたら王様?」の巻(2)日本と正反対の韓国サッカー関係者との関係
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第129回「世が世なら、もしかしたら王様?」の巻(1)苗字1文字の読み方での「王家の血筋」の見分け方
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第128回「遠い昔、初めてのイスラーム体験の思い出」の巻(2)ワールドカップ開催国でも触れられるイスラーム
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第128回「遠い昔、初めてのイスラーム体験の思い出」の巻(1)中秋に思い起こす南米での美しい月
後藤健生
「後藤健生の「蹴球放浪記」第127回「珍しいプラスティック製の入場券」の巻(2)オーストラリアが果敢に挑んだ「プラ幣」
後藤健生
「後藤健生の「蹴球放浪記」第127回「珍しいプラスティック製の入場券」の巻(1)消えゆく美しきチケットたち
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第126回「ドサ回りで訪れたザプロージェとは、あの街!」の巻(2)ソ連遠征の「ドサ回り」の先にあった「彼の地」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第126回「ドサ回りで訪れたザプロージェとは、あの街!」の巻(1)ヨーロッパの代表チームに見向きもされなかった時代
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第125回「南仏プロヴァンスで出会った驚きのホヤ」の巻(2)ブイヤベースの鍋の中での驚きの「再会」
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 17