後藤健生の「蹴球放浪記」

後藤健生の「蹴球放浪記」第111回「“NATO”って、バス停の名前?」の巻(1)ベルギーとスイスの「どストレート」過ぎるバス停
後藤健生
後藤健生
2022.05.19
さまざまな交通手段があるが、国外でのバスの旅は格別だ。サッカージャーナリスト・後藤健生は、そう語る。土地を知り、人を知ることで、取材旅行はより豊かなものになっていく。 僕は、街の中をバスで移動するのが大好きです。料金が安いのが何よりの魅力…
後藤健生の「蹴球放浪記」第110回「日本人記者団、強引に警備を突破する」の巻(2)日本人記者団のペンは剣よりも強し
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第110回「日本人記者団、強引に警備を突破する」の巻(1)「イタリア系」と本家イタリアのコントラスト
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第109回「左サイドで上下動するビール腹の選手は誰?」の巻(2)引退1年半で激太りした元ドイツ代表
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第109回「左サイドで上下動するビール腹の選手は誰?」の巻(1)タイで記録された日本新記録を目撃
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第108回「由緒あるローカーホテルに泊まる」の巻(2)強風以上の難敵は英国の「東北弁」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第108回「由緒あるローカーホテルに泊まる」の巻(1)トラックをなぎ倒す冬の北海の暴風
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第107回「まだ誰も花粉症やW杯も知らなかった時代」の巻(2)日本がフットボール・ネーションになった証
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第107回「まだ誰も花粉症やW杯も知らなかった時代」の巻(1)きっかけは2か月間の南米放浪!?
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第106回「機内で代書屋を開業」の巻(2)空の上で待っていた「衝撃」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第106回「機内で代書屋を開業」の巻(1)分離不可能な「光」と「影」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第105回「ハリファ国際スタジアムの思い出」の巻 現在の欧州サッカーの大スポンサーがマイナーな存在だった頃
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第104回「小柳ルミ子に声をかけられてしまった件」の巻(2)「日本代表ファミリー」との出会い
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 14
おすすめ