日本代表の記事一覧

試金石となり得るグループ最終戦のアメリカ戦【U-20女子ワールドカップで見える日本代表「ヤングなでしこ」の強みと課題】(3)
後藤健生
後藤健生
2022.08.16
U-20女子日本代表が、世界の舞台で戦っている。U-20女子ワールドカップ連覇を目指す「ヤングなでしこ」は、連勝でグループ突破に王手をかけている。ここまで見えた強み、そしてこれからの課題をサッカージャーナリスト・後藤健生が考察する。 優勝…
ガーナ戦の「PKでの2得点」が示す問題点【U-20女子ワールドカップで見える日本代表「ヤングなでしこ」の強みと課題】(2)
後藤健生
オランダ戦の勝利につながった「組織的に奪い切る」守備【U-20女子ワールドカップで見える日本代表「ヤングなでしこ」の強みと課題】(1)
後藤健生
「町野修斗に9月の欧州遠征で“追試”を」「W杯予選の新しい戦い方が見えた」【ワールドカップへと続くサッカーE-1選手権「9年ぶりの優勝」の激論】(5)
大住良之,後藤健生
「藤田譲瑠チマはカンテやマケレレを彷彿」「本大会へ1人選ぶなら“人を結びつける”水沼宏太」【ワールドカップへと続くサッカーE-1選手権「9年ぶりの優勝」の激論】(4)
大住良之,後藤健生
「相馬勇紀は“役立つ”ドリブルをするようになった」「西村拓真の影響力は貴重」【ワールドカップへと続くサッカーE-1選手権「9年ぶりの優勝」の激論】(3)
大住良之,後藤健生
「J1首位の横浜F・マリノスの完成度を感じさせた」「Jリーグがどれほどすごいかを示す試合になった」【ワールドカップへと続くサッカーE-1選手権「9年ぶりの優勝」の激論】(2)
大住良之,後藤健生
「日本代表の守備は当たりの質が違った」「韓国の選手はパニックになりかけていた」Jリーグのレベル向上を実感した韓国戦【ワールドカップへと続くサッカーE-1選手権「9年ぶりの優勝」の激論】(1)
大住良之,後藤健生
【なでしこジャパン考察】「難しい大会」の意義と2023年ワールドカップに向けての調整【なでしこジャパン「E-1選手権優勝」の意味】(3)
後藤健生
【なでしこジャパン考察】「韓国がベストチーム」に納得せざるを得ない理由【E-1選手権優勝の意味】(2)
後藤健生
【なでしこジャパン考察】最大の収穫はアジアカップのリベンジ【E-1選手権優勝の意味】(1)
後藤健生
【日本代表考察】歓喜と屈辱が交錯した地「ブルームフォンテーン」の先にあった互いへのリスペクト【2種類のワールドカップで上位を狙う「フットボール・ネーション」日本】(3)
後藤健生
【日本代表考察】イングランドとフランス、日本だけが成し遂げている「偉業」【2種類のワールドカップで上位を狙う「フットボール・ネーション」日本】(2)
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 32