「鹿島アントラーズ」

鹿島アントラーズ

ホームスタジアム/県立鹿島サッカースタジアム (入場可能数:38,669人)。ホームタウン/茨城県/鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市。チームカラー/ディープレッド。クラブ名の由来/英語で「鹿の枝角」の意味を示すANTLERから、アントラーズ(ANTLERS)。エンブレムにも鹿が用いられている。歴史/前身となる住友金属工業蹴球同好会は大阪で結成され、後に住友金属工業蹴球団と改称。1975年に当時の茨城県鹿島町へ移転。1991年にチーム名を鹿島アントラーズと改称し、Jリーグのオリジナルメンバーとなった。

「鹿島アントラーズ」の記事一覧
【J1プレビュー】「らしくない鹿島アントラーズ」と「首位叩きのアビスパ福岡」!新たな歴史が刻まれるか!?
サッカー批評編集部
「サッカー批評のtoto予想」(第1256回)9月11・12日 上位を争う鹿島アントラーズと浦和レッズが足をすくわれる?
サッカー批評編集部
横浜FMより「最大で10試合」多く戦う川崎F「川崎フロンターレと横浜F・マリノス」【J1死闘】(3)
後藤健生
横浜FMの破壊力を支える「超ハイレベル」サイドバック陣「川崎フロンターレと横浜F・マリノス」【J1死闘】(1)
後藤健生
【J1分析】ケヴィン・マスカット監督「フラストレーションがたまる内容」横浜F・マリノス、鹿島アントラーズにまさかの5連敗!【横浜FMー鹿島】 原悦生PHOTOギャラリー「サッカー遠近」
原悦生
常勝軍団・鹿島アントラーズ“若き中心核”荒木遼太郎を生かすための布陣【鹿島、横浜FM下す!(2)】
サッカー批評編集部
鹿島アントラーズ、横浜F・マリノス対策は「ゴールキックからシュートまで10秒」の“したたか速攻”【鹿島、横浜FM下す!(1)】
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】「首位と1差」横浜F・マリノスの前に立ちはだかる「鹿島アントラーズの壁」!リベンジなるか!?
サッカー批評編集部
「サッカー批評のtoto予想」(第1254回)8月28・29日「勝ち点差1」肉薄の「川崎と横浜FM」が苦しむ「相性」!?
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】「勝ち点41対勝ち点41」2強を追う「鹿島と神戸」が直接対決!
サッカー批評編集部
「サッカー批評のtoto予想」(第1253回)8月21・22日 川崎フロンターレや横浜F・マリノス「上位にドロー続出」の予感
サッカー批評編集部
【J1分析】鹿島アントラーズ対徳島ヴォルティス「荒木遼太郎とエヴェラウドの微笑」(2)表れていた「アントラーズの現状」
原壮史
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 17
おすすめ