「鹿島アントラーズ」

鹿島アントラーズ

ホームスタジアム/県立鹿島サッカースタジアム (入場可能数:38,669人)。ホームタウン/茨城県/鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市。チームカラー/ディープレッド。クラブ名の由来/英語で「鹿の枝角」の意味を示すANTLERから、アントラーズ(ANTLERS)。エンブレムにも鹿が用いられている。歴史/前身となる住友金属工業蹴球同好会は大阪で結成され、後に住友金属工業蹴球団と改称。1975年に当時の茨城県鹿島町へ移転。1991年にチーム名を鹿島アントラーズと改称し、Jリーグのオリジナルメンバーとなった。

「鹿島アントラーズ」の記事一覧
【町田戦連敗で早くも1冠喪失――鹿島が露呈した課題(2)】「改善し続けることに尽きる」今季初出場の主将・柴崎岳がもたらすものとは…「外から事細かく観察していました」
サッカー批評編集部
【町田戦連敗で早くも1冠喪失――鹿島が露呈した課題(1)】「町田は誰が出ても同じチームを作れるほど完成度が高い」。古巣相手に佐野海舟が突きつけられた鹿島の現在地
サッカー批評編集部
100円で億「サッカーくじ」toto予想(第1456回)5月25・26日 「降格圏の19位」札幌VS「王者・神戸撃破」鹿島、FC東京VSガンバ大阪「東西バトル」は監督力に注目!
サッカー批評編集部
「なんかスゲェな」J1鹿島の国立決戦「古舘節」にファン興奮!「かっこ良すぎて鳥肌たった」「ゴール前の羅生門は意味わからなさすぎて笑う」などの声
サッカー批評編集部
王者・神戸は2位、川崎は3位、1位は……J1クラブの「トップチーム人件費」が明らかに! 16位の新潟が9億弱に対し、1位クラブは38億6千万円……J1平均は約24億円
サッカー批評編集部
1位は浦和、2位は川崎など、Jクラブの「スポンサー収入」が明らかに! J2の3クラブが総合トップ10入りし、J2トップクラブは名古屋やC大阪、鹿島を上回る
サッカー批評編集部
【鹿島が昨季王者・神戸を撃破した意味(2)】「うまい選手たちがあれだけハードワークしたら強い」。鈴木優磨ら攻撃陣が神戸から得た学び……ここから求められるゴールとの両立
【鹿島が昨季王者・神戸を撃破した意味(1)】「ヘディングでは負けを許さない」。エース大迫つぶしに徹した植田直通ら守備陣の奮闘……チーム全体に与えた活力
「髪型めっちゃ変わっとるやん」FW大迫勇也の違いが一発で分かるGIF画像が話題に! 鹿島時代と神戸所属の現在との“写真の撮られ方”に気づく声も
サッカー批評編集部
「一目で誰だか分かる特長捉えてるのすごい」J1鹿島が、人気漫画『GIANT KILLING』とコラボした特製小冊子をプレゼント!「鳥肌立ったわ…」「めちゃくちゃかっこいい!」の声
サッカー批評編集部
「え?カッコいい!!!」「かわいい!」J1鹿島が発表した「2色展開のベースボールシャツ」が大反響! 6つの背番号を発表も、すでに2選手が売り切れに
サッカー批評編集部
100円で億「サッカーくじ」toto予想(第1454回)5月18日19日 3位・鹿島VS首位・神戸「カギを握る」新戦力、VS磐田は浦和に「地の利」、町田VS東京V「首都決戦」は
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 49