「鹿島アントラーズ」

鹿島アントラーズ

ホームスタジアム/県立鹿島サッカースタジアム (入場可能数:38,669人)。ホームタウン/茨城県/鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市。チームカラー/ディープレッド。クラブ名の由来/英語で「鹿の枝角」の意味を示すANTLERから、アントラーズ(ANTLERS)。エンブレムにも鹿が用いられている。歴史/前身となる住友金属工業蹴球同好会は大阪で結成され、後に住友金属工業蹴球団と改称。1975年に当時の茨城県鹿島町へ移転。1991年にチーム名を鹿島アントラーズと改称し、Jリーグのオリジナルメンバーとなった。

「鹿島アントラーズ」の記事一覧
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(4)「東京五輪最終メンバー」(後編)固まった東京五輪「18人のメンバー」
大住良之,後藤健生
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(3)「東京五輪最終メンバー」(前編)相馬、橋岡、三好…「最後のチャレンジ」出場選手の明暗
大住良之,後藤健生
川崎VS鹿島戦に「王者の翳り」!(3)「川崎のコア2人」を待つ危険
後藤健生
川崎VS鹿島戦に「王者の翳り」!(2)指揮官・鬼木達監督「遅さ」の理由
後藤健生
川崎VS鹿島戦に「王者の翳り」!(1)日本代表「合計8人」が激突した好カード
後藤健生
鹿島、復権を期す黒星(2)等々力で躍動した「相馬アントラーズの若手」と「次に取り戻すべきもの」
サッカー批評編集部
鹿島、復権を期す黒星(1)復活した球際で演じた「最強チームとの互角の89分」
サッカー批評編集部
川崎―鹿島でコロッケの「西城秀樹ショー」開催で“一番笑っていた選手”の衝撃活躍!
サッカー批評編集部
衝撃の光景! 鹿島戦後のピッチに倒れ込んだ「川崎アンガールズ」
サッカー批評編集部
川崎、劇的な鹿退治!(2)今季最短出場時間「三笘薫の早すぎた途中交代」のワケ
サッカー批評編集部
川崎、劇的な鹿退治!(1)7アシスト中4つが「13→9」の “新・攻撃ホットライン”
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】互いに狙う「K点越え」 川崎と鹿島の強豪対決!
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 15
おすすめ