「鹿島アントラーズ」

鹿島アントラーズ

ホームスタジアム/県立鹿島サッカースタジアム (入場可能数:38,669人)。ホームタウン/茨城県/鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市。チームカラー/ディープレッド。クラブ名の由来/英語で「鹿の枝角」の意味を示すANTLERから、アントラーズ(ANTLERS)。エンブレムにも鹿が用いられている。歴史/前身となる住友金属工業蹴球同好会は大阪で結成され、後に住友金属工業蹴球団と改称。1975年に当時の茨城県鹿島町へ移転。1991年にチーム名を鹿島アントラーズと改称し、Jリーグのオリジナルメンバーとなった。

「鹿島アントラーズ」の記事一覧
鹿島アントラーズの埼玉ショック!(2)“ほぼ昨季並み”の「開幕6試合の結果」
サッカー批評編集部
鹿島アントラーズの埼玉ショック!(1)ザーゴ監督が激怒した「最悪の試合内容」
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和が鹿島相手に完勝!(3)リカルド・ロドリゲスの「特別な日」と“キャプテン”槙野智章の思い
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和が鹿島相手に完勝!(2)やっと吹いた“新しい風”西大伍と明本考浩の「流れからのゴール」
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和が鹿島相手に完勝!(1)パーフェクトゲーム「勝利の立役者」はシーズン初先発のベテラン
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】最大のライバル「下位脱出に向けての大一番!」浦和VS鹿島
サッカー批評編集部
「サッカー批評のtoto予想」(第1232回)4月3・4日「FC東京が好相性の名古屋・豊田スタジアムに乗り込む!」
サッカー批評編集部
浦和レッズとリカルド・ロドリゲス監督の一週間(2)水曜日はコンサドーレ、日曜日は川崎と-川崎にパスで対抗!
後藤健生
【J1分析】まだあった名古屋の「奥の手」!5試合連続無失点で鹿島食い
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】無傷の名古屋が狙うもうひとつの連勝 立ちはだかるのは「鬼門」鹿島
サッカー批評編集部
「サッカー批評のtoto予想」(第1230回)3月20・21日 九州ダービーの裏に潜む意外な数字
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】「休養」の鹿島か、「手応え」の広島か 優位性を結果につなげろ!
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 15
おすすめ