著者紹介
大住良之/Yoshiyuki OSUMI

大住良之/Yoshiyuki OSUMI(おおすみよしゆき)

1951年神奈川県横須賀市生まれ。中学1年生のときに校内誌の編集部にはいり、中学3年からはかけもちでサッカー部でも活動。大学卒業4年生の1973年から『サッカー・マガジン』編集部で働き、1982年以降はトヨタカップなどのチーム取材で欧州と南米の強豪クラブを取材。1988年にフリーランスとなる。以後は日本代表とJリーグの取材が中心となるが、ワールドカップは1974年ドイツ大会から、オリンピックは1996年から取材。『東京新聞』や「日経電子版」などコラムを書く一方、1984年以来東京の女子サッカークラブ「FC PAF」の監督を務める。JFA公認C級コーチ、サッカー4級審判員。

「大住良之(おおすみよしゆき)」の記事一覧
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第77回「きみたちにはいつも僕たちがついている」(3)サポーター合唱コンクールで「間違いなく優勝の国」とは?
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第77回「きみたちにはいつも僕たちがついている」(2)アレンジャーは「ザ・ビートルズと双璧のバンド」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第77回「きみたちにはいつも僕たちがついている」(1)「アメリカで生まれ、世界中で育まれたユル・ネバ」
大住良之
「J1残り10節、熾烈な生き残り争い」(2) 「豪華攻撃陣が振るわないガンバ大阪の懸念」今季の残留ラインは「勝ち点38」!?
大住良之
「J1残り10節、熾烈な生き残り争い」(1) 「ほぼ降格圏を抜けた柏」と警報ランプが続く「清水と湘南」!「残り試合数=逆転可能な勝ち点差」という常識
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第76回「黙って立ち続けて1世紀半」(3)「御年158歳のレジェンドにリスペクトを」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第76回「黙って立ち続けて1世紀半」(2)「コーナーフラッグにも正しいポジショニングがある」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第76回「黙って立ち続けて1世紀半」(1)「日本代表vsオマーン代表の“間抜けの象徴”」
大住良之
【ワールドカップ最終予選】「森保一監督の会見は危うかった」「日本代表は強敵との対戦で立ち直るはず。川崎フロンターレのように」【中国戦の激論】(8)
大住良之,後藤健生
【ワールドカップ最終予選】「10月の日本代表は、間違いなく今回より良くなる」「日本がオマーンに負ける予兆はあった」【中国戦の激論】(7)
大住良之,後藤健生
【ワールドカップ最終予選】「このままではサウジアラビアからもオーストラリアからも点は取れない。10月から若手に切り替えるべき」「遠藤航の相方は?」【中国戦の激論】(6)
大住良之,後藤健生
【ワールドカップ最終予選】「ボランチには田中碧が欲しい」「五輪の延期はプラス」「五輪のときの酒井宏樹がいればスーパーだった」【中国戦の激論】(5)
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 32
おすすめ