著者紹介
大住良之/Yoshiyuki OSUMI

大住良之/Yoshiyuki OSUMI(おおすみよしゆき)

1951年神奈川県横須賀市生まれ。中学1年生のときに校内誌の編集部にはいり、中学3年からはかけもちでサッカー部でも活動。大学卒業4年生の1973年から『サッカー・マガジン』編集部で働き、1982年以降はトヨタカップなどのチーム取材で欧州と南米の強豪クラブを取材。1988年にフリーランスとなる。以後は日本代表とJリーグの取材が中心となるが、ワールドカップは1974年ドイツ大会から、オリンピックは1996年から取材。『東京新聞』や「日経電子版」などコラムを書く一方、1984年以来東京の女子サッカークラブ「FC PAF」の監督を務める。JFA公認C級コーチ、サッカー4級審判員。

「大住良之(おおすみよしゆき)」の記事一覧
気になった久保建英の「左サイド」!「一番の良さ」を引き出すために必要なこととは? 冨安健洋、酒井宏樹、伊藤洋輝、日本の大型サイドバックの魅力【サッカー日本代表「W杯前最終調整」アメリカ代表戦後の激論】(2)
大住良之,後藤健生
森保一監督「理想」の守備!中盤のボールカットは「前田大然のおかげ」「やれといわれれば90分間続けられる」【サッカー日本代表「W杯前最終調整」アメリカ代表戦後の激論】(1)
大住良之,後藤健生
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第98回「PK戦は運次第」(3)「4戦全勝」ドイツの強さの確固たる理由「1億3500万円で落札」紙片の悪魔的な効力
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第98回「PK戦は運次第」(2)50年前の「日本初」から始まっていた「ジンクス」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第98回「PK戦は運次第」(1)一般化のきっかけはメキシコ・オリンピック準々決勝
大住良之
「久保建英の使い方は悩みどころ」「カギとなるのは遠藤航」【日本代表「ワールドカップへの最終準備」9月ドイツ遠征直前の激論】(5)
大住良之,後藤健生
9月23日アメリカ戦「日本代表ベストメンバー」は?「注目はチームとしての守備」「伊東純也らで攻撃の形はつくれるはず」【日本代表「ワールドカップへの最終準備」9月ドイツ遠征直前の激論】(4)
大住良之,後藤健生
「選手のデータは移ったチームが引き継ぐべき」【サイエンスサッカーのいま~片山博義コーチに聞く~】(3)
大住良之
「9月23日のアメリカは現時点でベストな対戦相手」「今大会をヨーロッパ勢の反省の機会に」【日本代表「ワールドカップへの最終準備」9月ドイツ遠征直前の激論】(3)
大住良之,後藤健生
「ポゼッションのためにはボールを手放すことも効果的」である理由【サイエンスサッカーのいま~片山博義コーチに聞く~】(2)
大住良之
「板倉滉の負傷はかなり痛い」「情報量が圧倒的な長谷部誠の助けを借りることは真剣に考えるべき」【日本代表「ワールドカップへの最終準備」9月ドイツ遠征直前の激論】(2)
大住良之,後藤健生
「データの活用には2つの手法がある」【サイエンスサッカーのいま~片山博義コーチに聞く~】(1)
大住良之
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 56
おすすめ