著者紹介
大住良之/Yoshiyuki OSUMI

大住良之/Yoshiyuki OSUMI(おおすみよしゆき)

1951年神奈川県横須賀市生まれ。中学1年生のときに校内誌の編集部にはいり、中学3年からはかけもちでサッカー部でも活動。大学卒業4年生の1973年から『サッカー・マガジン』編集部で働き、1982年以降はトヨタカップなどのチーム取材で欧州と南米の強豪クラブを取材。1988年にフリーランスとなる。以後は日本代表とJリーグの取材が中心となるが、ワールドカップは1974年ドイツ大会から、オリンピックは1996年から取材。『東京新聞』や「日経電子版」などコラムを書く一方、1984年以来東京の女子サッカークラブ「FC PAF」の監督を務める。JFA公認C級コーチ、サッカー4級審判員。

「大住良之(おおすみよしゆき)」の記事一覧
ファンハール監督がメンバーに忍ばせていた「プランB」の選手に託した任務【オランダ代表たった1つのFKの裏に隠された「準備」と「胆力」そして「チーム力」】(3)
大住良之
ワールドカップの2年前に発見された「原型」は、堂安律をも“完封”した「スクリーン」【オランダ代表たった1つのFKの裏に隠された「準備」と「胆力」そして「チーム力」】(2)
大住良之
ワールドカップの土壇場で輝いた「機械じかけのオレンジ」【オランダ代表たった1つのFKの裏に隠された「準備」と「胆力」そして「チーム力」】(1)
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第103回「ペレに関する10のことがら」(前編3)日本で指揮を執っていた5歳年上の相棒
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第103回「ペレに関する10のことがら」(前編2)生涯守り抜いた永遠のアイドルからの教え
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第103回「ペレに関する10のことがら」(前編1)最初は嫌っていたニックネーム「PELE」の謎
大住良之
「新しい景色」を見るために必要な欧州トップリーグでのレギュラーの増加【森保ジャパン発足からの4年半と、これから見据える3年半】(3)
大住良之
カタールでの躍進の下地となった「1チーム2カテゴリー」と「41勝10分11敗」という好成績【森保ジャパン発足からの4年半と、これから見据える3年半】(2)
大住良之
サッカー日本代表・森保一監督の強いモチベーションへを生んだ「初陣前日の大地震」【森保ジャパン発足からの4年半と、これから見据える3年半】(1)
大住良之
「Jクラブのド派手補強に南野拓実を!」「昇格組の横浜FCとアルビレックス新潟に期待」【ワールドカップ「ドーハの歓喜」を超える! 2023年日本サッカーの激論】(7)
大住良之,後藤健生
「次のパリオリンピックは久保建英と中井卓大の2枚看板」「パリを目指すU-20日本代表には世界4強を期待」【ワールドカップ「ドーハの歓喜」を超える! 2023年日本サッカーの激論】(6)
大住良之,後藤健生
女子ワールドカップで期待される意外な人物「どちらかの“日本代表”が決勝へ」「次のW杯に直結するU-20も要注目」【ワールドカップ「ドーハの歓喜」を超える! 2023年日本サッカーの激論】(5)
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 64
おすすめ