著者紹介
大住良之/Yoshiyuki OSUMI

大住良之/Yoshiyuki OSUMI(おおすみよしゆき)

1951年神奈川県横須賀市生まれ。中学1年生のときに校内誌の編集部にはいり、中学3年からはかけもちでサッカー部でも活動。大学卒業4年生の1973年から『サッカー・マガジン』編集部で働き、1982年以降はトヨタカップなどのチーム取材で欧州と南米の強豪クラブを取材。1988年にフリーランスとなる。以後は日本代表とJリーグの取材が中心となるが、ワールドカップは1974年ドイツ大会から、オリンピックは1996年から取材。『東京新聞』や「日経電子版」などコラムを書く一方、1984年以来東京の女子サッカークラブ「FC PAF」の監督を務める。JFA公認C級コーチ、サッカー4級審判員。

「大住良之(おおすみよしゆき)」の記事一覧
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第140回【Jリーグに「改善してほしい」色ルール違反】(3)鳥栖GK朴一圭の「黄色シャツ」、磐田テクニカルエリアも「混乱」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第140回 【Jリーグに「改善してほしい」色ルール違反】(2)野澤大志ブランドン「規則」逸脱と味スタで起きた「深刻」事件
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第140回 【Jリーグに「改善してほしい」色ルール違反】(1)【横浜FM×町田戦】元スター監督「試合中」暴挙と宮市亮「美しい」初ゴール
大住良之
直撃インタビュー(3)日本サッカー協会・宮本恒靖会長が明かす会長選の決断と理事会のスリム化、ライフワークと8年後の未来「日本でサッカーを大きな存在にしたい」
大住良之
9月第1戦は「Jリーグ選抜」、第2戦で「遠藤航らフルメンバー」に、6月シリーズの「活用」と「成果」【サッカー日本代表「W杯2次予選」と「最終予選」の激論】(7)
大住良之,後藤健生
直撃インタビュー(2)日本サッカー協会・宮本恒靖会長が震えたマラドーナと中学3年生の中田英寿、ガンバ大阪監督の言葉「初めて意識したプロ選手の先にある監督」
大住良之
直撃インタビュー(1)日本サッカー協会・宮本恒靖会長が語ったパリ五輪とベストメンバー、北中米W杯「目標は決勝。一番上を目指す選手たちをバックアップしたい」
大住良之
合流「期待」のパリ五輪世代、「驚かれる」関根大輝、「ハードワーク」の松木玖生、「シリア戦の2人より上」小久保玲央ブライアン【サッカー日本代表「W杯2次予選」と「最終予選」の激論】(6)
大住良之,後藤健生
森保監督が感じた「可能性」、「試したい」試合中の変更、「負担が大きい」久保建英、W杯ベスト8の「課題」【サッカー日本代表「W杯2次予選」と「最終予選」の激論】(5)
大住良之,後藤健生
板倉滉は「スーパーに」、左SB旗手怜央で「活性化」、「厳しい」GK大迫敬介、相馬勇紀「驚きの行動」【サッカー日本代表「W杯2次予選」と「最終予選」の激論】(4)
大住良之,後藤健生
1トップは「シュート4本」上田綺世か「頑張った」小川航基か、それとも…、冨安健洋に「任せたい」問題の左【サッカー日本代表「W杯2次予選」と「最終予選」の激論】(3)
大住良之,後藤健生
FC東京「頭が痛い」松木玖生、「期待したい」強い川崎Fの再来、優勝争いは「夏の移籍」次第、20チーム制への「疑問」【J1「まさかの前半戦」と「マジかの後半戦」大激論】(7)
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 91