著者紹介
大住良之/Yoshiyuki OSUMI

大住良之/Yoshiyuki OSUMI(おおすみよしゆき)

1951年神奈川県横須賀市生まれ。中学1年生のときに校内誌の編集部にはいり、中学3年からはかけもちでサッカー部でも活動。大学卒業4年生の1973年から『サッカー・マガジン』編集部で働き、1982年以降はトヨタカップなどのチーム取材で欧州と南米の強豪クラブを取材。1988年にフリーランスとなる。以後は日本代表とJリーグの取材が中心となるが、ワールドカップは1974年ドイツ大会から、オリンピックは1996年から取材。『東京新聞』や「日経電子版」などコラムを書く一方、1984年以来東京の女子サッカークラブ「FC PAF」の監督を務める。JFA公認C級コーチ、サッカー4級審判員。

「大住良之(おおすみよしゆき)」の記事一覧
サッカーの新テクノロジー「半自動オフサイド・システム」とは何か(3)ワールドカップが変わる日
大住良之
サッカーの新テクノロジー「半自動オフサイド・システム」とは何か(2)ピッチ上の29か所で行われる1秒間に50回のモニタリング
大住良之
サッカーの新テクノロジー「半自動オフサイド・システム」とは何か(1)人間業とは思えない副審の「オフサイド判定」とトレーニング
大住良之
【日本代表考察】「今後の注目は選手の移籍問題」「久保建英はスコットランドやドイツも選択肢に」【6月シリーズ総括の激論】(7)
大住良之,後藤健生
【日本代表考察】「絶対的な選手は吉田麻也と遠藤航の2人だけ」「非常に重要なカードになる板倉滉」【6月シリーズ総括の激論】(6)
大住良之,後藤健生
【日本代表考察】「本番で心配なのはコスタリカ戦への心構え」「有効なのは堂安律と久保建英、山根視来の“セット起用”」【6月シリーズ総括の激論】(5)
大住良之,後藤健生
【日本代表考察】「南野拓実はチーム状態が良ければもっとできる」「1トップ問題は大迫勇也の復活に期待するだけ」【6月シリーズ総括の激論】(4)
大住良之,後藤健生
【日本代表考察】「吉田麻也はバッシングを受けるようなプレーではなかった」「鎌田大地の空振りで“三振”目前だった」【6月シリーズ総括の激論】(3)
大住良之,後藤健生
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第91回「ワールドカップ予選大陸間プレーオフの長い物語」(5) マンチェスター・ユナイテッドとワールドカップ予選の間にあった「運命のいたずら」
大住良之
【日本代表考察】「板倉滉のボランチ起用はトライする価値がある」「伊藤洋輝は現時点で左サイドバックの一番手」【6月シリーズ総括の激論】(2)
大住良之,後藤健生
【日本代表考察】「チュニジアは遠藤航を狙っていた」「解決策になったのは後半から入った田中碧」【6月シリーズ総括の激論】(1)
大住良之,後藤健生
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第91回「ワールドカップ予選大陸間プレーオフの長い物語」(4)記念すべき初戦は「ウェールズVSイスラエル」
大住良之
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 51
おすすめ