著者紹介
大住良之/Yoshiyuki OSUMI

大住良之/Yoshiyuki OSUMI(おおすみよしゆき)

1951年神奈川県横須賀市生まれ。中学1年生のときに校内誌の編集部にはいり、中学3年からはかけもちでサッカー部でも活動。大学卒業4年生の1973年から『サッカー・マガジン』編集部で働き、1982年以降はトヨタカップなどのチーム取材で欧州と南米の強豪クラブを取材。1988年にフリーランスとなる。以後は日本代表とJリーグの取材が中心となるが、ワールドカップは1974年ドイツ大会から、オリンピックは1996年から取材。『東京新聞』や「日経電子版」などコラムを書く一方、1984年以来東京の女子サッカークラブ「FC PAF」の監督を務める。JFA公認C級コーチ、サッカー4級審判員。

「大住良之(おおすみよしゆき)」の記事一覧
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第136回【「裸足サッカー」ワールドカップの大舞台へ】(3)元代表キャプテン激白「棄権」真実、「4位」快挙と巨人「初出場」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第136回【「裸足サッカー」ワールドカップの大舞台へ】(2)ロンドン五輪で「履いてない」話題「安心してください」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第136回【「裸足サッカー」ワールドカップの大舞台へ】(1)激増する「足裏」の危険なファウル
大住良之
GKの「攻守」と「問題」、「未熟さ」が露呈、お手本は2003年「ジーコ・ジャパン」【サッカーU23日本代表パリ五輪予選「初戦の悪夢再び」に備える「10人での戦い方」】(3)
大住良之
前線で細谷が追うも「強み」を放棄、「守備」も半端、「全員」が消極的に【サッカーU23日本代表パリ五輪予選「初戦の悪夢再び」に備える「10人での戦い方」】(2)
大住良之
中国戦で松木が先制ゴールも退場者「数的劣位」で戦う際の4つのポイント【サッカーU23日本代表パリ五輪予選「初戦の悪夢再び」に備える「10人での戦い方」】(1)
大住良之
引き分けはいつから「勝ち点1」になったのか?(3) 合理的な「金貨」山分けと3-1「逆効果」説、最大の理由は「バックパス」 大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第135回
大住良之
引き分けはいつから「勝ち点1」になったのか?(2) 英国リーグ「低迷」と人気選手「0円」改革 大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第135回
大住良之
引き分けはいつから「勝ち点1」になったのか?(1) R・バッジョW杯の「得点」増加と負け同然の「思考」停止 大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第135回
大住良之
「期待したい」首都3大クラブ!横綱チーム不在で「大混戦」!優勝は「夏の補強」「新ACL」が鍵【J1リーグ2024年シーズン「波乱の序盤戦」ウラ事情】を大激論(7)
大住良之,後藤健生
夏に「欧州移籍」する選手、U-20「ユース昇格」逸材、欧州帰りベテラン「爆発」と「貢献」【J1リーグ2024年シーズン「波乱の序盤戦」ウラ事情】を大激論(6)
大住良之,後藤健生
トップ3広島「気になる」選手層、内容は〇も「勝てない」京都、湘南、東京V、武器が「見えない」名古屋、G大阪【J1リーグ2024年シーズン「波乱の序盤戦」ウラ事情】を大激論(5)
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 92