著者紹介
大住良之/Yoshiyuki OSUMI

大住良之/Yoshiyuki OSUMI(おおすみよしゆき)

1951年神奈川県横須賀市生まれ。中学1年生のときに校内誌の編集部にはいり、中学3年からはかけもちでサッカー部でも活動。大学卒業4年生の1973年から『サッカー・マガジン』編集部で働き、1982年以降はトヨタカップなどのチーム取材で欧州と南米の強豪クラブを取材。1988年にフリーランスとなる。以後は日本代表とJリーグの取材が中心となるが、ワールドカップは1974年ドイツ大会から、オリンピックは1996年から取材。『東京新聞』や「日経電子版」などコラムを書く一方、1984年以来東京の女子サッカークラブ「FC PAF」の監督を務める。JFA公認C級コーチ、サッカー4級審判員。

「大住良之(おおすみよしゆき)」の記事一覧
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」連載第69回「監督たちの命運」(1) 今季のJで相次いだ「解任劇」
大住良之
【東京五輪】「なでしこジャパンの致命的欠陥」(2)たった一度だけのコンビネーションプレー
大住良之
【東京五輪】「なでしこジャパンの致命的欠陥」(1)岩渕真奈の見事な同点ゴールの裏で
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」連載第68回「スタジアムはたそがれどき」(3)平塚スタジアムが教えてくれた「人生」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」連載第68回「スタジアムはたそがれどき」(2)夕焼けといえば柏「日立台」の“柏熱地帯”が赤く染まる
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」連載第68回「スタジアムはたそがれどき」(1)バックスタンドの屋根が金色に輝く埼玉スタジアム
大住良之
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(6)「男子も女子も全年代で日本はGLを突破」「ベスト4で6試合できれば日本サッカーにとって大きい」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(5)「五輪は男子と女子の状況がぜんぜん違う」「なでしこジャパンの期待は遠藤純」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(4)「五輪本番グループリーグ突破のシナリオ」「突破できればベスト4は見える」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(3)「2列目の問題は久保建英と堂安律のプレー比率」「冨安健洋、ワールドクラスの証明」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(2)「林大地がワントップの最有力候補」「旗手怜央はどこでもできる」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(1)「久保建英から堂安律のゴール、常に高いレベルのプレーができる」「吉田麻也、冨安健洋、酒井宏樹の凄さ」
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 27
おすすめ