「ヴィッセル神戸」

ヴィッセル神戸

ホームスタジアム/ノエビアスタジアム神戸(入場可能数:29,332人)。ホームタウン/兵庫県/神戸市。チームカラー/クリムゾンレッド。クラブ名の由来/VISSELは英語のVICTORY(勝利)とVESSEL(船)から生まれた造語で、「勝利の船」を指す。国際港神戸を連想させる名前。歴史/1966年に創部した川崎製鉄(株)水島サッカー部が前身。1995年にヴィッセル神戸に改称、1997年にJリーグに昇格した。エンブレムは神戸の象徴・六甲山をイメージ、チーム名と勝利の頭文字である「V」がモチーフのロゴを融合。

「ヴィッセル神戸」の記事一覧
【J1分析】ヴィッセル神戸「武藤嘉紀と大迫勇也」が築く「強さ」前提の形【清水エスパルス対ヴィッセル神戸】「写真に写った大迫勇也の異常」とは?(2)
原壮史
【J1分析】「ボールを持ってプレーする」大迫勇也が撮れない理由【清水エスパルス対ヴィッセル神戸】「写真に写る大迫勇也の異常」とは?(1)
原壮史
PHOTOギャラリー「ピッチの焦点」【明治安田J1リーグ 第30節 ヴィッセル神戸vs清水エスパルス 2021年9月24日 19:05キックオフ】
原壮史
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第75回「看板に偽りなし?」(3)レアル・マドリードの試合で「デジタル広告を禁止にすべき」と感じた理由
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」連載第74回「古橋亨梧選手のために、セルティックについて知っておくべき8つの事柄」(1)世界中で900万人のサポーター、「天国」と呼ばれたスタジアム
大住良之
横浜FMより「最大で10試合」多く戦う川崎F「川崎フロンターレと横浜F・マリノス」【J1死闘】(3)
後藤健生
【J1分析】大迫勇也、武藤嘉紀、イニエスタ「ボージャン参戦後」も「重要なオプション」のフォーメーション【ヴィッセル神戸の変革の兆し(2)】
サッカー批評編集部
【J1分析】大迫勇也ホームデビュー戦での武藤嘉紀「不在の在」【ヴィッセル神戸変革の兆し(1)】
サッカー批評編集部
【J1分析】大迫勇也、ボージャンも加わり、新たなる「進化論」が誕生【シーズン中に神戸「大変身」の可能性】神戸対鹿島(2)
サッカー批評編集部
【J1分析】イニエスタを一変させた武藤嘉紀の動き出し【シーズン中に神戸「大変身」の可能性】神戸対鹿島(1)
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】「勝ち点41対勝ち点41」2強を追う「鹿島と神戸」が直接対決!
サッカー批評編集部
サッカー選手「輸出超過国」の悲哀「ベルギーの前例」【世界とJリーグの移籍市場】「青年よ荒野を目指せ」 (1)
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 13
おすすめ