「浦和レッズ」

浦和レッズ

ホームスタジアム/埼玉スタジアム2002(入場可能数:62,010人)。ホームタウン/埼玉県/さいたま市。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/「ダイヤモンド」と、クラブカラーの「レッド」を組み合わせた名称。チーム名は浦和レッドダイヤモンズだが、ファンからは「浦和レッズ」で親しまれている。歴史/1950年、中日本重工サッカー部として創部。1964年に三菱重工業サッカー部、1990年に三菱自動車工業サッカー部と名称を変え、1991年にJリーグ正会員に。1993年に開幕したJリーグ、現在の名称で参戦。

「浦和レッズ」の記事一覧
DFショルツの89分弾で浦和は敗戦回避……東京VはまたもJ1復帰後初勝利お預けに【photoギャラリー】浦和レッズ―東京ヴェルディ(1)
「か、か、か、カッコいい~」J1浦和・助っ人のスーツ“モデルショット”にファン興奮!「カッコよすぎて保存した」「ミュージカル始まるんかと思った」などの声
サッカー批評編集部
100円で億「サッカー批評」のtoto予想(第1433回)3月2・3日 昨季王者ヴィッセル神戸を止める柏レイソル「ドロー力」 東京ヴェルディが浦和レッズ「鬼門のホーム攻略」 J2復帰の愛媛FC「オレンジダービー」
サッカー批評編集部
「相変わらずって感じで安心」「4コマのオチ」浦和レッズが選手とのコラボスタグル発売も、“ある選手のクセの強さ”にサポーターはまさかの安堵の声! 一見すると戸惑う姿も安心させる一枚
サッカー批評編集部
【開幕戦で完敗の浦和が埼スタ開幕戦で持つべきもの (2)】東京V戦が“ヘグモレッズ”の試金石に――「まだ0勝1敗。0点なので」と酒井が語るチャレンジャー精神
【開幕戦で完敗の浦和が埼スタ開幕戦で持つべきもの(1)】主将・酒井宏樹が「ビルドアップしようと、もちろんトライします」と語る中で持つべき意識。「続けることは変わらない」
サッカー批評編集部
優勝候補「5チーム」プラスαと降格候補「毎年入る鳥栖」、初昇格「カウンター町田」の命運【2024年J1開幕節で見えた「現在のチーム力」「移籍の成否」の激論】(6)
大住良之,後藤健生
浦和「J初挑戦のヘグモ新監督と勝負どころのウイング」 広島「3列目の川村と満田、2列目の大橋と加藤が機能」【2024年J1開幕節で見えた「現在のチーム力」「移籍の成否」の激論】(4)
大住良之,後藤健生
「高級感がある」「強烈なトイレだ…」浦和レッズが公表した「埼玉スタジアムの真っ赤な新トイレ」に視線集中!「床まで赤いのか」「トイレの概念を覆す」と“完全浦和化”
サッカー批評編集部
【J1開幕戦で分かった“順当上位陣”と“不安組”の現在地(2)】浦和レッズと名古屋はどうしたのか、前評判高きビッグクラブの誤算――その中で森保監督が注目したルーキー
「レベチでかわいい」浦和レッズのグッズショップの1日店長を務めた人気女性タレントが「美しい」と話題に! ユニフォーム着用&グッズ使用姿にサポーター大興奮
サッカー批評編集部
サンフレッチェ広島、大橋祐紀が2連続ゴールで開幕戦勝利! PHOTOギャラリー【明治安田J1リーグ 第1節 サンフレッチェ広島vs浦和レッズ 2024年2月23日 14:06キックオフ】
原壮史
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 103