「浦和レッズ」

浦和レッズ

ホームスタジアム/埼玉スタジアム2002(入場可能数:62,010人)。ホームタウン/埼玉県/さいたま市。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/「ダイヤモンド」と、クラブカラーの「レッド」を組み合わせた名称。チーム名は浦和レッドダイヤモンズだが、ファンからは「浦和レッズ」で親しまれている。歴史/1950年、中日本重工サッカー部として創部。1964年に三菱重工業サッカー部、1990年に三菱自動車工業サッカー部と名称を変え、1991年にJリーグ正会員に。1993年に開幕したJリーグ、現在の名称で参戦。

「浦和レッズ」の記事一覧
【J1分析】「来季を占う」川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスとの11月3連戦【浦和レッズ考察】(4)
後藤健生
【J1分析】明本考浩の起用ににじむロドリゲス監督の「実験」の成果【浦和レッズ考察】(3)
後藤健生
【J1分析】浦和独自の攻撃性を生み出す「小泉佳穂と江坂任」のFWコンビ【浦和レッズ考察】(2)
後藤健生
【J1分析】ロドリゲス監督の下、夏場過ぎに見えてきた「来季優勝」の可能性【浦和レッズ考察】(1)
後藤健生
【J1分析】5連続完封!浦和CBショルツ「ディフェンスがチームを優勝させられると信じている」【躍動する浦和レッズDF陣】(2)
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和CB岩波拓也の「驚異的な超ロングフィード」が生んだゴール「浦和レッズ対セレッソ大阪」【躍動する浦和レッズDF陣】(1)
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和の「多彩フォーメーション」の解は「小泉佳穂と江坂任」の同時起用【爆進する浦和レッズ】(2)
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和「ワントップ・江坂任」の先制ゴールに表れた指揮官リカルド・ロドリゲスの意図【爆進する浦和レッズ】(1)
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】「浦和レッズVSセレッソ大阪」およそ3か月ぶりの埼スタ開催!「浦和・小泉佳穂とC大阪・坂元達裕」の“ライバル対決”なるか!?
サッカー批評編集部
【横浜FCー浦和】酒井宏樹、汰木康也、大久保智明…「合計24本の撃ち合い」に勝利した浦和レッズ 原悦生PHOTOギャラリー「サッカー遠近」
原悦生
【J1分析】酒井宏樹も復活出場!リーグ4戦連続無失点【浦和は「完璧なチーム」になったのか】(2)
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和の大卒ルーキー・大久保智明プロ初ゴールの衝撃【浦和は「完璧なチーム」になったのか】(1)
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 31
おすすめ