「浦和レッズ」

浦和レッズ

ホームスタジアム/埼玉スタジアム2002(入場可能数:62,010人)。ホームタウン/埼玉県/さいたま市。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/「ダイヤモンド」と、クラブカラーの「レッド」を組み合わせた名称。チーム名は浦和レッドダイヤモンズだが、ファンからは「浦和レッズ」で親しまれている。歴史/1950年、中日本重工サッカー部として創部。1964年に三菱重工業サッカー部、1990年に三菱自動車工業サッカー部と名称を変え、1991年にJリーグ正会員に。1993年に開幕したJリーグ、現在の名称で参戦。

「浦和レッズ」の記事一覧
日本女子サッカーの「新しい息吹」(2)「なでしこの本流」ベレーザが世界の潮流を変えた
後藤健生
日本女子サッカーの「新しい息吹」(1)先発11人の平均年齢が「17.7歳」のセレッソ
後藤健生
【J1分析】「浦和対湘南」信じられない光景(2)試合終了後に登場した「アウェーの3人」
原壮史
【J1分析】「浦和対湘南」信じられない光景(1)両サポーターが驚愕した「監督の行動」
原壮史
【J1プレビュー】浦和VS湘南 過去「5試合中4試合はドロー」!天秤を傾けるのは!?
サッカー批評編集部
「サッカー批評のtoto予想」(第1245回)6月19・20日 アンデルソン・ロペス離脱の衝撃「最北端」札幌と「最南端」大分の対決の鍵は!?
サッカー批評編集部
浦和・酒井宏樹「J復帰」のインパクト(3) 「戦術オプション爆増」と「多様な未来図」
後藤健生
浦和・酒井宏樹「J復帰」のインパクト(2) 「サイドバック使いの名手」リカルド・ロドリゲス監督のもとで
後藤健生
浦和・酒井宏樹「J復帰」のインパクト(1)「内田篤人との比較」で際立つ規格外スケールとパワー
後藤健生
浦和、神戸と価値ある競り分け! (2)神戸に対して浦和が「ノーガード」だった理由
サッカー批評編集部
浦和サポvs酒井高徳「駒場抗争」を終結させた「試合中と試合後の2つの異例行動」
サッカー批評編集部
浦和、神戸と価値ある競り分け! (1)ボール保持ができない場合のリカルド・レッズ「プランB」
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 25