「浦和レッズ」

浦和レッズ

ホームスタジアム/埼玉スタジアム2002(入場可能数:62,010人)。ホームタウン/埼玉県/さいたま市。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/「ダイヤモンド」と、クラブカラーの「レッド」を組み合わせた名称。チーム名は浦和レッドダイヤモンズだが、ファンからは「浦和レッズ」で親しまれている。歴史/1950年、中日本重工サッカー部として創部。1964年に三菱重工業サッカー部、1990年に三菱自動車工業サッカー部と名称を変え、1991年にJリーグ正会員に。1993年に開幕したJリーグ、現在の名称で参戦。

「浦和レッズ」の記事一覧
【J1分析】浦和レッズ「駒場今季Jラスト」をキャスパー・ユンカーの8戦ぶりゴール勝利で飾る!【浦和ー広島】 原悦生PHOTOギャラリー「サッカー遠近」
原悦生
【J1分析】木下、ユンカー、酒井、明本、小泉、江坂、西…「駒場で聞こえた理想スタメン」【浦和レッズ「新たなる希望」(2)】
サッカー批評編集部
【J1分析】“絶対的エース”ユンカー「世界で唯一の装備」への本音【浦和レッズの逆襲(2)】
サッカー批評編集部
【J1分析】小泉佳穂「レッズの中盤王」復活!江坂任との共存は?【浦和レッズ「新たなる希望」(1)】
サッカー批評編集部
【J1分析】キャスパー・ユンカー「2か月ぶり復活弾」で勝利するまで【浦和レッズの逆襲(1)】
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和レッズの新戦力・CBのショルツ「明本考浩はずっと英語で話しかけてくれた」【徳島VS浦和(2)】
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和レッズの新戦力「CBのショルツと酒井宏樹」同時起用で見えた「課題と未来」【徳島VS浦和(1)】
サッカー批評編集部
【J1分析】“恩師”リカルド・ロドリゲス監督への恩返しまで「あと一歩」!徳島が奮闘した理由【浦和が徳島に辛勝(2)】
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和レッズ監督リカルド・ロドリゲス「後半開始の江坂任投入」に秘められた意図【浦和が徳島に辛勝(1)】
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】徳島VS浦和「リカルドサッカー」の再戦!徳島はホームで「恩師」へのリベンジなるか!?
サッカー批評編集部
大迫勇也、元バルセロナFWボージャン、各国代表選手がJへ【世界とJリーグの移籍市場】「青年よ荒野を目指せ」(2)
後藤健生
【8月16日更新! J1夏移籍動向一覧(1)】その手があったか! 浦和の「逆輸入」などFWの移籍が相次ぐ
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 31
おすすめ