「手倉森誠」

手倉森誠(てぐらもりまこと)

Makoto TEGURAMORI。生年月日1967/11/14。出生地・青森県。2008年、ベガルタ仙台でJ初指揮。MFとして活躍し、ユース代表にも選出される名選手である一方、現役時代はギャンブル狂であったなど、様々なエピソードを持っている。1995年に引退、同年にコーチ業をスタートし、2004年からはベガルタ仙台のコーチに就任。08年、同チームの監督を務め、その後6年間に渡り、チームの躍進を支えてきた。リオ五輪代表監督も務めた、国際経験豊富な指導者。

「手倉森誠」の記事一覧
熱狂のユアスタで仙台勝てず!(2)20試合中12試合が「惜しい試合」
サッカー批評編集部
熱狂のユアスタで仙台勝てず!(1)“後半戦の逆襲”を占う「3つのポイント」
サッカー批評編集部
【J1分析】仙台VS浦和「好機多発」も両GK奮闘(2)進む“キャスパー・ユンカー封じ”への対抗手段
サッカー批評編集部
【J1分析】仙台VS浦和「好機多発」も両GK奮闘(1)決めきれず…浦和・リカルド監督「たまたま勝てるよりはいい」
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】仙台VS浦和 対照的な試合日程…仙台は降格圏脱出なるか!?
サッカー批評編集部
仙台、痛恨ドロー!(2)鹿島の同点を生んだ「主審の時計」
サッカー批評編集部
仙台、痛恨ドロー!(1)中断期間で積み上げた「堅固で鋭い手倉森仙台」と「先制弾の伏線」
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】鹿島―仙台の鍵を握る立ち上がり 手倉森監督に秘策はあるか!?
サッカー批評編集部
サッカーの賢者・湯浅健二さんに聞く「Jの面白さ」(3) 西ドイツの名将ヘルベルガーの「最高の言葉」
大住良之
サッカーの賢者・湯浅健二さんに聞く「Jの面白さ」(2) 川崎レアンドロ・ダミアン「ブラジル代表監督に眼力があれば、革命が起きる」
大住良之
サッカーの賢者・湯浅健二さんに聞く「Jの面白さ」(1) 「仙台・手倉森監督も湘南・浮嶋監督もサッカーの本質を理解している」
大住良之
川崎、忍耐のドロー!(2)仙台戦で分かった「ACLまでに必要なもの」
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 9
おすすめ