著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
後藤健生の「蹴球放浪記」第116回「久保建英の“移籍先候補”レアル・ソシエダのあるサンセバスティアンの思い出」の巻(2)サッカージャーナリストを救った1971年の日本代表
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第116回「久保建英の“移籍先候補”レアル・ソシエダのあるサンセバスティアンの思い出」の巻(1)着陸前から美しさがあふれる街並み
後藤健生
【J1考察】鬼木達監督が見つけた新たな勝利の方程式【強い川崎フロンターレが戻ってきた?】(3)
後藤健生
【J1考察】逆転までの3得点に詰め込まれた「川崎らしさ」【強い川崎フロンターレが戻ってきた?】(2)
後藤健生
【J1考察】「本来の川崎」を引き出してしまった北海道コンサドーレ札幌【強い川崎フロンターレが戻ってきた?】(1)
後藤健生
【日本代表考察】「今後の注目は選手の移籍問題」「久保建英はスコットランドやドイツも選択肢に」【6月シリーズ総括の激論】(7)
大住良之,後藤健生
【日本代表考察】「絶対的な選手は吉田麻也と遠藤航の2人だけ」「非常に重要なカードになる板倉滉」【6月シリーズ総括の激論】(6)
大住良之,後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第115回「喧騒のアジア大陸、唯一の例外がメルボルン」の巻(2)カタール大会予選との奇妙なまでの一致
後藤健生
【日本代表考察】「本番で心配なのはコスタリカ戦への心構え」「有効なのは堂安律と久保建英、山根視来の“セット起用”」【6月シリーズ総括の激論】(5)
大住良之,後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第115回「喧騒のアジア大陸、唯一の例外がメルボルン」の巻(1) 「ジョホールバルの歓喜」翌日に練習していたイラン代表
後藤健生
【日本代表考察】「南野拓実はチーム状態が良ければもっとできる」「1トップ問題は大迫勇也の復活に期待するだけ」【6月シリーズ総括の激論】(4)
大住良之,後藤健生
【日本代表考察】「吉田麻也はバッシングを受けるようなプレーではなかった」「鎌田大地の空振りで“三振”目前だった」【6月シリーズ総括の激論】(3)
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 65
おすすめ