著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
後藤健生の「蹴球放浪記」第147回「“廃スタジアム巡り”も立派な趣味」の巻(2)街路にかつての名手らの名前を残すイングランドの住宅地
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第147回「“廃スタジアム巡り”も立派な趣味」の巻(1) ポルトガルの子どもたちを育むレンガ塀に囲まれたグラウンド
後藤健生
「WEリーグの秋春制」に見える2023年W杯への利点と観客動員面への影響【皇后杯決勝における日本女子サッカーのチェックポイント】(3)
後藤健生
日テレ・ベレーザとINAC神戸「決勝戦らしい試合」が示した女子サッカーの成長【皇后杯決勝における日本女子サッカーのチェックポイント】(2)
後藤健生
日本代表としての活躍へ期待が高まる日テレ・ベレーザFW植木理子の多彩な攻撃能力開花【皇后杯決勝における日本女子サッカーのチェックポイント】(1)
後藤健生
論拠が薄い「ヨーロッパ的な自由競争」原理導入【Jリーグが動き出した改革への疑問点】(4)
後藤健生
「結果配分へのシフト」は本当にビッグクラブを生み出せるのか【Jリーグが動き出した改革への疑問点】(3)
後藤健生
「エリート化に逆行する変更」について聞こえてこない議論【Jリーグが動き出した改革への疑問点】(2)
後藤健生
クラブ数増加の裏で「死活的な問題に直面する」J3クラブ【Jリーグが動き出した改革への疑問点】(1)
後藤健生
好ゲームに釣り合わなかった大会運営の配慮【皇后杯準々決勝から見える日本女子サッカーの現在地】(3)
後藤健生
かつての「絶対女王」日テレ・東京ヴェルディベレーザを苦しめる「美学」への固執【皇后杯準々決勝から見える日本女子サッカーの現在地】(2)
後藤健生
「事実上の決勝」で浦和レッズレディースを打ち破ったINAC神戸のカウンター【皇后杯準々決勝から見える日本女子サッカーの現在地】(1)
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 84