著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
「期待したい」首都3大クラブ!横綱チーム不在で「大混戦」!優勝は「夏の補強」「新ACL」が鍵【J1リーグ2024年シーズン「波乱の序盤戦」ウラ事情】を大激論(7)
大住良之,後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第208回【サッカーと酒の切っても切れない関係】の巻(2)女子W杯開催ニュージーランドで遭遇した「フランス」と「分厚いリスト」
後藤健生
長谷川、清水、南ら中核5人が躍動も「惜敗」で求められる「準備」【パリ五輪前アメリカ遠征で浮上した「なでしこジャパン」大問題と新たな希望】(3)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第208回【サッカーと酒の切っても切れない関係】の巻(1)W杯優勝フランス代表選手が大活躍「マルセイユ戦」後のボルドーで
後藤健生
夏に「欧州移籍」する選手、U-20「ユース昇格」逸材、欧州帰りベテラン「爆発」と「貢献」【J1リーグ2024年シーズン「波乱の序盤戦」ウラ事情】を大激論(6)
大住良之,後藤健生
トップ3広島「気になる」選手層、内容は〇も「勝てない」京都、湘南、東京V、武器が「見えない」名古屋、G大阪【J1リーグ2024年シーズン「波乱の序盤戦」ウラ事情】を大激論(5)
大住良之,後藤健生
世界最高フィジカルのチームを破る「パス」「技術」「システム」と「19歳の新星」!【パリ五輪前アメリカ遠征で浮上した「なでしこジャパン」大問題と新たな希望】(2)
後藤健生
先発の清家が先制ゴールも1点差の「完敗」が示す「個人能力」の差【パリ五輪前アメリカ遠征で浮上した「なでしこジャパン」大問題と新たな希望】(1)
後藤健生
浦和「優勝争い」と「心配される」グスタフソン経由、FC東京「オリヴェイラ依存」克服とキャプテン松木「伸び」【J1リーグ2024年シーズン「波乱の序盤戦」ウラ事情】を大激論(4)
大住良之,後藤健生
山田「タッチ」、細谷「古武道」、松木「パス」、藤尾「ゴール」…パリ五輪予選前ラストゲームでU23代表が「プレーで証明」【J1リーグ2024年シーズン「波乱の序盤戦」ウラ事情】を大激論(3)
大住良之,後藤健生
FC東京「最大の試練」! 札幌「初勝利の後」! 川崎「頼みの綱」は? 広島「ケガの功名」も!【J1リーグ2024年シーズン「波乱の序盤戦」ウラ事情】を大激論(2)
大住良之,後藤健生
「大関陥落」川崎に完勝も広島に完敗!J1初昇格・町田「首位躍進」は規律と選手の質と反則にアリ【J1リーグ2024年シーズン「波乱の序盤戦」ウラ事情】を大激論(1)
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 117