著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(11)「W杯最終予選」(後編) 五輪代表とA代表の「融合」チーム
大住良之,後藤健生
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(10)「W杯最終予選」(前編)浅野拓磨の「問題点」と「不可欠」な伊東純也
大住良之,後藤健生
浦和・酒井宏樹「J復帰」のインパクト(3) 「戦術オプション爆増」と「多様な未来図」
後藤健生
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(9)「A代表」(後編)「大迫勇也の次」はオナイウ阿道で確定
大住良之,後藤健生
浦和・酒井宏樹「J復帰」のインパクト(2) 「サイドバック使いの名手」リカルド・ロドリゲス監督のもとで
後藤健生
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(8)「A代表」(前編)セルビア戦「劇的に変わった前半と後半」
大住良之,後藤健生
浦和・酒井宏樹「J復帰」のインパクト(1)「内田篤人との比較」で際立つ規格外スケールとパワー
後藤健生
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(7)「東京オリンピック2020」(後編)五輪代表「メダルの可能性」と「足りないところ」
大住良之,後藤健生
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(6)「東京オリンピック2020」(前編)「過去最強」の五輪代表
大住良之,後藤健生
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(5)五輪不出場でも輝いた選手
大住良之,後藤健生
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(4)「東京五輪最終メンバー」(後編)固まった東京五輪「18人のメンバー」
大住良之,後藤健生
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(3)「東京五輪最終メンバー」(前編)相馬、橋岡、三好…「最後のチャレンジ」出場選手の明暗
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 28
おすすめ