著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(3)「2列目の問題は久保建英と堂安律のプレー比率」「冨安健洋、ワールドクラスの証明」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(2)「林大地がワントップの最有力候補」「旗手怜央はどこでもできる」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(1)「久保建英から堂安律のゴール、常に高いレベルのプレーができる」「吉田麻也、冨安健洋、酒井宏樹の凄さ」
大住良之,後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第67回「なぜに私がスペイン人?」の巻(2)28年ぶり五輪「ナイジェリア戦最後のPK」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第67回「なぜに私がスペイン人?」の巻(1)1996年アトランタ五輪「マイアミの奇跡」の現場で
後藤健生
【五輪代表】日本対ホンジュラス(3)最大の収穫だった「林大地のワントップ」
後藤健生
【五輪代表】日本対ホンジュラス(2)先を見据えた「不動」の森保采配
後藤健生
【五輪代表】日本対ホンジュラス(1)「技術の粋」の3ゴールと田中碧
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第66回「後藤健生、“放浪”のはじまり」の巻(2)日本サッカー開花のきっかけは64年東京五輪
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第66回「後藤健生、“放浪”のはじまり」の巻(1)すべてのスタートは1964年の東京オリンピック
後藤健生
浦和レッズが表れた「4つの試合」(3)「一つの武器」では勝ち抜けないJリーグ
後藤健生
浦和レッズが表れた「4つの試合」(2)「トップへのくさび」を消されても…福岡戦の勝利を決めた突破口
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 32