著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
後藤健生の「蹴球放浪記」第107回「まだ誰も花粉症やW杯も知らなかった時代」の巻(1)きっかけは2か月間の南米放浪!?
後藤健生
浦和レッズとヴィッセル神戸は「強化合宿」唯一苦しいのは横浜F・マリノス【Jリーグ4チームの「立て直し」に使えるACL】(4)
後藤健生
相手の「対策不十分」が川崎フロンターレをよみがえらせる【Jリーグ4チームの「立て直し」に使えるACL】(3)
後藤健生
川崎フロンターレを後半に立て直した戦術的変更【Jリーグ4チームの「立て直し」に使えるACL】(2)
後藤健生
かつてと様相が変わってきたアジアの勢力図【Jリーグ4チームの「立て直し」に使えるACL】(1)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第106回「機内で代書屋を開業」の巻(2)空の上で待っていた「衝撃」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第106回「機内で代書屋を開業」の巻(1)分離不可能な「光」と「影」
後藤健生
【J1考察】ワールドカップが示す「縁」!Jリーグを変えていくスペイン人指導者【FC東京と浦和レッズのスコアレスドローが「激熱」になった理由】(3)
後藤健生
【J1考察】外国籍選手たちの心に火をつけた両チームのスペイン人監督の対抗心【FC東京と浦和レッズのスコアレスドローが「激熱」になった理由】(2)
後藤健生
【J1考察】「長友佑都vs酒井宏樹+ダヴィド・モーベルグ」激突した選手たちの対抗心【FC東京と浦和レッズのスコアレスドローが「激熱」になった理由】(1)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第105回「ハリファ国際スタジアムの思い出」の巻 現在の欧州サッカーの大スポンサーがマイナーな存在だった頃
後藤健生
「クリスティアーノ・ロナウドのポルトガル、ソン・フンミンの韓国ほかH組はストライカー次第」「圧倒的な優勝候補不在の大会」【ワールドカップ組み合わせ決定! マクロとミクロの視点からのカタール大会の「激論」】(7)
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 61
おすすめ