著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
「森保一監督が一番戦いたいのはベルギー」「地元で期待上昇中の時ほどイングランドは危ない」【ワールドカップ組み合わせ決定! マクロとミクロの視点からのカタール大会の「激論」】(6)
大住良之,後藤健生
「FWを2セット用意して前後半で使い分ける」「日本もイタリアも下馬評が低い時ほど躍進」【ワールドカップ組み合わせ決定! マクロとミクロの視点からのカタール大会の「激論」】(5)
大住良之,後藤健生
「日本にとっての最高のシナリオ」「欲しいのはクレイジーなまでに走る前線の選手」【ワールドカップ組み合わせ決定! マクロとミクロの視点からのカタール大会の「激論」】(4)
大住良之,後藤健生
「久保建英と堂安律はメンバーに入る」「初戦に負けたら日本代表は終わり、ではない」「ベテラン選手の価値」【ワールドカップ組み合わせ決定! マクロとミクロの視点からのカタール大会の「激論」】(3)
大住良之,後藤健生
「スペイン戦では2021年の経験が活きる」「ドイツも10年前の力はない」【ワールドカップ組み合わせ決定! マクロとミクロの視点からのカタール大会の「激論」】(2)
大住良之,後藤健生
「1位が予想できないのは日本が入ったE組だけ」「ドイツとスペインが同居する“利点”」「ラウンド16では因縁の相手が日本を待つ」【ワールドカップ組み合わせ決定! マクロとミクロの視点からのカタール大会の「激論」】(1)
大住良之,後藤健生
【J2考察】ワールドカップでも日本代表の「最後のピース」になるかもしれない25歳のFW【横浜FCが無敗で首位に立っている理由】(3)
後藤健生
【J2考察】四方田修平監督も絶賛した立ち上がりと、プレスが効かなくなる時間帯のギャップ【横浜FCが無敗で首位に立っている理由】(2)
後藤健生
【J2考察】得点ランク首位の小川航基ら個性的なFWによる多彩な攻撃【横浜FCが無敗で首位に立っている理由】(1)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第104回「小柳ルミ子に声をかけられてしまった件」の巻(2)「日本代表ファミリー」との出会い
後藤健生
「森保一監督にしかできない仕事がある」「久保建英のレアル復帰は得策ではない」【ワールドカップ最終予選から続く日本代表「新たなるRoad to Qatar」の激論】(5)
大住良之,後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第104回「小柳ルミ子に声をかけられてしまった件」の巻(1)埼玉スタジアムでの予期せぬ邂逅
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 61