著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
【J1考察】横浜F・マリノス戦でも、シーズンを通しても川崎フロンターレを救った「レギュラーではない男」山村和也【現在の日本サッカー「最高峰」を争ったJ1最終節】(2)
後藤健生
【J1考察】攻め込まれた前半に見えた「目が速い」川崎フロンターレの守備力【現在の日本サッカー「最高峰」を争ったJ1最終節】(1)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第87回「タクシー運転手の憂鬱」の巻(2)山からやって来たアルゼンチンのドライバー
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第87回「タクシー運転手の憂鬱」の巻(1) スペインW杯、バレンシアでの悲哀
後藤健生
【地域CL考察】JFL入りを前に最後に待つ「不合理」という障壁【将来的Jリーグ入りへの「第一関門」の魅力と問題点】(4)
後藤健生
【地域CL考察】「監督・小倉隆史」率いるチームが出場できた複雑な理由【将来的Jリーグ入りへの「第一関門」の魅力と問題点】(3)
後藤健生
【地域CL考察】クリアソン新宿で奏でられるベテランと若手のハーモニー【将来的Jリーグ入りへの「第一関門」の魅力と問題点】(2)
後藤健生
【地域CL考察】浦和、福岡、柏…元Jリーガーがずらりと並ぶ「地域リーグの新星」が見せた輝き【将来的Jリーグ入りへの「第一関門」の魅力と問題点】(1)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第86回「アジェンデ政権の夢の跡」の巻(2)コパ・アメリカでの反大統領運動つぶし
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」第86回「アジェンデ政権の夢の跡」の巻(1)アルゼンチンW杯開幕直前の首都サンチャゴにて
後藤健生
【J1考察】阿部勇樹らが去る「新しいサイクル」で求められる「明確なスタイル」と「チームの顔」【浦和レッズに川崎フロンターレの3連覇を阻む「器」はあるか】(4)
後藤健生
【J1考察】「戦術家」リカルド・ロドリゲス監督が本当に目指すのは「攻撃型」か「堅守速攻型」か【浦和レッズに川崎フロンターレの3連覇を阻む「器」はあるか】(3)
後藤健生
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 50
おすすめ