著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
大迫勇也、元バルセロナFWボージャン、各国代表選手がJへ【世界とJリーグの移籍市場】「青年よ荒野を目指せ」(2)
後藤健生
サッカー選手「輸出超過国」の悲哀「ベルギーの前例」【世界とJリーグの移籍市場】「青年よ荒野を目指せ」 (1)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第71回「W杯決勝スタジアム遍歴ウルグアイのセンテナリオ」の巻(2)ワールドカップ取材の慣例だった「デポジット」の罠
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第71回「W杯決勝スタジアム遍歴ウルグアイのセンテナリオ」の巻(1)濃霧で渡れなかったラプラタ河
後藤健生
東京オリンピックサッカー総括(3)2022年「カタールW杯の戦い方」
後藤健生
東京オリンピックサッカー総括(2)「ゲーム体力」のために必要なJの強度
後藤健生
東京オリンピックサッカー総括(1)なぜ日本の「鉄壁の守備」は破られたのか
後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(7)「久保建英は手ぶらじゃない。メダルはないけど、いろんなものをもらった」「谷晃生は来年のW杯で代表の正GKかも」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(6)「五輪代表からA代表のレギュラーに7人」「三笘薫の可能性」「板倉滉は本当にすごい選手になった」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(5)「森保一監督采配の唯一の問題」「五輪という機会を120%使い切った」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(4)「上田綺世と三笘薫が先発でやってくれれば…」「日本人選手もメキシコリーグに行ってもいいのでは」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(3)久保建英、最後にあれほど泣いた理由「限界だと思った久保が生き返った」「森保一監督から久保へのメッセージ」「日本はすべてを出し尽くした」
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 39
おすすめ