「京都サンガF.C.」

京都サンガF.C.

ホームスタジアム/サンガスタジアム by KYOCERA(入場可能数:21,623人)。ホームタウン/京都府/京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、他。チームカラー/紫。クラブ名の由来/サンガ(SANGA)とはサンスクリット語で「仲間・群れ」を意味する。寺院を多く擁す京都との、つながり深い仏教用語。歴史/前身は1922年に創設された京都紫光クラブ。京都パープルサンガとして、96年よりJリーグに参戦。2007年に現在のチーム名に。エンブレムには鳳凰が描かれている。

「京都サンガF.C.」の記事一覧
【移籍でこうなる!】12年ぶりのJ1挑戦! ギラつく京都サンガにさらなる「野心」が集う【2022年J1クラブ最速予想】
サッカー批評編集部
【2022年J2「大注目の移籍11選」】(2)久保建英の盟友MF山田康太が山形に完全移籍、長崎には柏から強力アタッカー・クリスティアーノが加入、元日本代表FW豊田陽平は「ツエーゲン金沢に骨を埋める覚悟」!【MF・FW編】【戸塚啓のJ2のミカタ】
戸塚啓
【2022年J2「大注目の移籍11選」】京都の「J1昇格」を牽引した屈強&熟練CBヨルディ・バイスが岡山へ、1年での返り咲きを目指す横浜FCに加入した万能SB亀川諒史【GK~MF編】【戸塚啓のJ2のミカタ】
戸塚啓
【2020年~J2「個人昇格ベスト11」】イニエスタのチームメイトの“吠えるCB”菊池流帆、ボランチは移籍後すぐ浦和レッズの主力になった平野佑一!【GK~ボランチ編】(1)【フォーメーション図】【戸塚啓のJ2のミカタ】
戸塚啓
【12月29日更新!】「昇格組」京都サンガは「キジェ・チルドレン」らを積極補強! サガン鳥栖は主力の大量流出が止まらず!【21-22シーズンJ1全22クラブ移籍最新動向】(2)
サッカー批評編集部
【2021年J2「個人昇格候補ベスト11」!】「C大阪入り濃厚報道」の岡山・FW上門知樹、北九州の「絶対的エース」高橋大悟も選出!!【MF~FW編】(2)【フォーメーション図】【戸塚啓のJ2のミカタ】
戸塚啓
【2021年J2「個人昇格候補ベスト11」!】浦和レッズが狙う大宮の右サイドバック馬渡和彰、京都のJ1昇格を牽引した強力CBヨルディ・バイスはどこへ?【GK~ボランチ編】(1)【フォーメーション図】【戸塚啓のJ2のミカタ】
戸塚啓
【2021年J2「ベスト11」+α】CFは「得点王」ルキアンで文句ナシ!両ウイングの「若き日本人」と“勝利と育成”を両立してみせた「指揮官」【フォーメーション図】(2)【戸塚啓J2のミカタ】
戸塚啓
【2021年J2「ベスト11」+α】守備陣、中盤は「優勝」の磐田と2位・京都が席巻!唯一無二の存在感を放った遠藤保仁を支えるアンカーは?【フォーメーション図】(1)【戸塚啓J2のミカタ】
戸塚啓
【久保建英、三笘薫に続く「未来の日本代表」】今季「ダブルダブル」達成!「中村俊輔の後継者」と称された町田・吉尾海夏と「18戦9発」長崎の「20歳ストライカー」!!【J2のダイアモンドたち】(2)【戸塚啓のJ2のミカタ特別編】
戸塚啓
【久保建英、三笘薫に続く「未来の日本代表」】タックル数断トツ!「ボールハンター」京都・川崎颯太と“冨安健洋と同学年”貴重な「186センチ左利き」CB【J2のダイアモンドたち】(1)【戸塚啓のJ2のミカタ特別編】
戸塚啓
【J2最終盤の歓喜】「J2優勝」を決めた磐田・遠藤保仁が語ったリーグ制覇の高い価値「全員の力を信じてやってきた結果」【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)
戸塚啓
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 9
おすすめ