「鹿島アントラーズ」

鹿島アントラーズ

ホームスタジアム/県立鹿島サッカースタジアム (入場可能数:38,669人)。ホームタウン/茨城県/鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市。チームカラー/ディープレッド。クラブ名の由来/英語で「鹿の枝角」の意味を示すANTLERから、アントラーズ(ANTLERS)。エンブレムにも鹿が用いられている。歴史/前身となる住友金属工業蹴球同好会は大阪で結成され、後に住友金属工業蹴球団と改称。1975年に当時の茨城県鹿島町へ移転。1991年にチーム名を鹿島アントラーズと改称し、Jリーグのオリジナルメンバーとなった。

「鹿島アントラーズ」の記事一覧
【J1分析】鹿島対FC東京「打ち手」を超える底力!アントラーズ「完全復活」
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】「不敗継続」鹿島がFC東京を迎え撃つ!流れを変える一戦になるか? 
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】バトンを受けた覚悟を示す! 「新監督」激突の横浜FC―鹿島
サッカー批評編集部
上田綺世が離脱! 鹿島「不敗・相馬体制にFW不足の緊急事態」
サッカー批評編集部
【J1分析】鹿島スピリッツを継ぐ上田、常本、荒木!「相馬体制無敗」継続
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】「王道」を貫き通すのは!? 鹿島と神戸が4-4-2で真っ向激突
サッカー批評編集部
【J1分析】鹿島が相馬新監督で初勝利!見極めた「戦いどころ」と「結果」徳島vs鹿島
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】両監督初采配!「ついに合流」徳島と「解任から3日」鹿島「指揮官が示す上昇の道」
サッカー批評編集部
「サッカー批評のtoto予想」(第1234回)4月17・18日「徳島vs鹿島」「湘南vs神戸」…各地に漂う下克上の予感!?
サッカー批評編集部
昨年と変わった“視線の迷い”――鹿島とザーゴ「自己否定を伴った“恋愛関係”の終焉」
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】札幌と鹿島が待つ「前線の軸」A・ロペスと上田綺世の“覚醒”
サッカー批評編集部
「サッカー批評のtoto予想」(第1233回)4月10・11日 名古屋の「異様に高い確率」で「0」多発の週末に!?
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 15
おすすめ