「鹿島アントラーズ」

鹿島アントラーズ

ホームスタジアム/県立鹿島サッカースタジアム (入場可能数:38,669人)。ホームタウン/茨城県/鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市。チームカラー/ディープレッド。クラブ名の由来/英語で「鹿の枝角」の意味を示すANTLERから、アントラーズ(ANTLERS)。エンブレムにも鹿が用いられている。歴史/前身となる住友金属工業蹴球同好会は大阪で結成され、後に住友金属工業蹴球団と改称。1975年に当時の茨城県鹿島町へ移転。1991年にチーム名を鹿島アントラーズと改称し、Jリーグのオリジナルメンバーとなった。

「鹿島アントラーズ」の記事一覧
広島「新戦力・大橋祐紀が躍動」 鹿島「ポポヴィッチ新監督と開幕戦唯一の3得点」【2024年J1開幕節で見えた「現在のチーム力」「移籍の成否」の激論】(2)
大住良之,後藤健生
【鹿島から日の丸を目指す。気鋭の右SB濃野公人のデビュー戦(1)】名古屋の5バックをこじ開けた内側からの侵入……「頭に入っていた」と語る大卒ルーキーの事前研究
サッカー批評編集部
「フィジカル強」「神過ぎん?」鹿島の新戦力FWチャヴリッチの挨拶代わりのデビュー弾にファン興奮!「開幕戦で惚れた」「これぞ東欧系選手よ」などの声
サッカー批評編集部
「ピクトグラムみたいでめちゃくちゃ分かりやすい」J1鹿島がサポーターに向け発表した「ファンサービスのルールの伝え方」が大絶賛! ありそうでなかった一覧表に他サポもうらやむ
サッカー批評編集部
【J1鹿島、24年公式戦を目前としたチーム作りの現在地(2)】10番・柴崎負傷の穴は知念が埋めるか――佐野海舟の立ち位置も含めた「2024年・鹿島の中盤勢力図」
【J1鹿島、24年公式戦を目前としたチーム作りの現在地(1)】ポポヴィッチ・鹿島の”脱・鈴木優磨”はいかに――新FWチャブリッチはエヴェラウド同等の活躍の期待も
「こういうゴールたくさん見たい」J1鹿島がPSM水戸戦で決めた、「新外国人FWの展開→藤井の浮き球パス→樋口のダイレクトボレー」に期待高まる! 新生・鹿島を見せつけた決勝点
サッカー批評編集部
「動画のクオリティ高っ」J1鹿島が公開した宮崎キャンプ凝縮ムービーが「映像が凄い。収音も臨場感がある」と話題に! サポーターの期待を煽り「「ワクワクがとまらん」の声
サッカー批評編集部
「ちょっ…今季のスーツカッコ良すぎ」J1鹿島が今季着用する「新スーツ」デザインが大絶賛! ストライプシャツ&ネクタイのエンブレム着用姿に「みんなモデルやん」の声
サッカー批評編集部
「救世主感半端ないw」鹿島のセルビア人FWチャヴリッチの合流シーン&背番号7のユニを掲げる姿に期待感高まる!「かっこよ過ぎて無理」「背番号7!アツい!」との声
サッカー批評編集部
「かっこいい」「このユニ好きなんだけど」鹿島が練習試合で着用した“オール黒ユニフォーム”が話題!「上下黒なのがいい」「公式戦でも使えばいいのに」の声
サッカー批評編集部
【鹿島アントラーズの2024年を展望する(2)】CBとFWの新戦力加入が期待されるも、タイトル獲得に求められる特定の選手に頼らない競争力と一体感
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 45