著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
後藤健生の「Jリーグ中間報告」(2)「川崎F“新たな挑戦”の破壊力」、PCRと「拍手」の光景
後藤健生
後藤健生の「Jリーグ中間報告」(1)横浜FM大苦戦の裏に「日本的守備の熟成」ー仙台と横浜FC
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第17回「マラドーナの神の手」と「海抜2100mの階段登り」の巻
後藤健生
日本女子サッカーに垂れ込める暗雲(2)ワールドカップ招致失敗の大失態
後藤健生
日本女子サッカーに垂れ込める暗雲(1)女子プロ・リーグへの奮闘と不安
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第16回「標高3600mのボカ」の巻
後藤健生
サッカー“新・魔法の杖”「5人交代制」の劇場(2)「サッカー。その苛烈なる交代制度の歴史」
後藤健生
サッカー“新・魔法の杖”「5人交代制」の劇場(1)「3点差逆転・策士たちの思惑・深謀遠慮」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第15回「ユングヨの夜」の巻
後藤健生
久保建英を「サッカー批評」5702字!(2)「ペレ並」瞬息万変のファーストタッチ
後藤健生
久保建英を「サッカー批評」5702字!(1)“自分らしさ”ではない「殺すドリブル」
後藤健生
大住良之×後藤健生『深夜の激論』!「J1再始動――世界屈指の面白さ」(4)ダークホース対決に勝った広島が本命に?
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 64
  3. 65
  4. 66
  5. 67
  6. 68