「鬼木達」

鬼木達(おにきとおる)

Toru ONIKI。生年月日1974/04/20。出生地・千葉県。2017年、川崎フロンターレでJ初指揮。現役時代はMFとして鹿島と川崎でプレー。2006年に現役を退いた。育成コーチ、ヘッドコーチを経験したのち、17年に古巣である川崎で監督に就任。就任1年目からチームをJ1制覇に導き、翌18年には連覇を達成。19年はルヴァンカップ優勝と、最高のキャリアスタートを飾る。熱い性格で選手の士気を高め、最大限のポテンシャルを引き出す。明るいチーム作りが信条。

「鬼木達」の記事一覧
田中亜土夢が登場! 湘南のスポンサーも“強奪”!?川崎F「サプライズだらけの4時間超え新体制発表会」一部始終
サッカー批評編集部
2位は守護神、3位は家長昭博、そして気になるマルチロールプレイヤーは……【21年チーム別 選手ランキング】川崎フロンターレ編
サッカー批評編集部
川崎フロンターレと横浜F・マリノスの選手が試合後に異例の記念撮影! チームの垣根を超えた「感動理由」
サッカー批評編集部
川崎フロンターレのレアンドロ・ダミアンがJリーグ得点王に! 試合後にサポーターから送られた「お祝いの果物」【画像あり】
サッカー批評編集部
「J1&代表81試合をピッチ取材」した編集部Nが選んだ「すべてがパーフェクトなJ最強CB」【サッカー批評が選ぶ「2021年J1ベストイレブン」】編集部N(2)
サッカー批評編集部
「J1&代表81試合をピッチ取材」した編集部Nが選んだ「王者でも別格のゲームメーカーがMVP」【サッカー批評が選ぶ「2021年J1ベストイレブン」】編集部N(1)
サッカー批評編集部
【画像あり】川崎フロンターレのレアンドロ・ダミアンの得点直後、試合中のピッチに現れた「泣ける光景」とは?
サッカー批評編集部
「年間100試合撮影」カメラマンHが選出した「唯一無二の項目」川崎フロンターレの旗手怜央と「最も簡単だった」FW3人【サッカー批評が選ぶ「2021年J1ベストイレブン」】カメラマンH編(2)
原壮史
年間100試合撮影するカメラマンHの「最も難しかったGK」と「優勝・川崎フロンターレが絶対外せなかった」DF・山根視来【サッカー批評が選ぶ「2021年J1ベストイレブン」】カメラマンH編(1)
原壮史
「チーム一丸」を重視する編集長Nが「優勝・川崎と同じ4人を選出した」クラブ【サッカー批評が選ぶ「2021年J1ベストイレブン」】
サッカー批評編集部
川崎イレブンとJ3のマスコットが等々力最終戦で一緒にあいさつ! その優しすぎる理由とは!?
サッカー批評編集部
川崎フロンターレ、キックオフ直前に等々力競技場が拍手喝采! 「契約延長」レアンドロ・ダミアンが見せた「泣ける行動」
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 24