「鬼木達」

鬼木達(おにきとおる)

Toru ONIKI。生年月日1974/04/20。出生地・千葉県。2017年、川崎フロンターレでJ初指揮。現役時代はMFとして鹿島と川崎でプレー。2006年に現役を退いた。育成コーチ、ヘッドコーチを経験したのち、17年に古巣である川崎で監督に就任。就任1年目からチームをJ1制覇に導き、翌18年には連覇を達成。19年はルヴァンカップ優勝と、最高のキャリアスタートを飾る。熱い性格で選手の士気を高め、最大限のポテンシャルを引き出す。明るいチーム作りが信条。

「鬼木達」の記事一覧
【J1川崎が反転攻勢に生かす6月の中断期間(2)】鬼木監督がA5和牛を大量注文で選手・スタッフに大盤振る舞い……三浦颯太は6日からリハビリの次のステップへ
【J1川崎が反転攻勢に生かす6月の中断期間(1)】いつもとは違った練習メニューを採り入れ、上積み図る。鬼木監督は「技術レベルをもう一つ上げたい」と意図明かす
【川崎・鬼木達監督が説く、突き抜けるために必要なこと(2)】「チーム・個人としても羽ばたいていく上で非常に重要」と語る、サッカー選手だけではなく求められる姿勢
サッカー批評編集部
【川崎・鬼木達監督が説く、突き抜けるために必要なこと(1)】「声を出している人に“ありがとう”だけではなくて」と求める空気感。「たとえば怒ってもいい」
サッカー批評編集部
【大敗した川崎が、アウェイ鳥栖の地で確認した「鉄のハート」(1)】敗れた選手にサポーターが起こした行動とは。川崎だからこその“共闘の姿勢”
サッカー批評編集部
J1初出場「29歳」選手が激突!東京V「初の無失点」、川崎「4試合無得点」に!【川崎フロンターレvs東京ヴェルディ】原悦生PHOTOギャラリー「サッカー遠近」
原悦生
【川崎・鬼木監督の“青い誕生日ケーキ”誕生秘話 (2)】「あまり注文を受けないですね……」と話す色合いだからこその判断。フロンターレブルーを生かすために
サッカー批評編集部
【川崎・鬼木監督の“青い誕生日ケーキ”誕生秘話 (1)】報道陣のいつもとは違った集まり方に気がつくも……スタッフのまさかの“切り返し”に騙され、「俺はあっさりと……(笑)」と赤面
サッカー批評編集部
「現地で観てたけど胸打たれる物があった」川崎・鬼木監督の横浜FM戦後の「サポーターに向けた行動」が心を掴む!「ついて行くのみ」「鬼さんは大好き」の声
サッカー批評編集部
【川崎・鬼木監督が改めて求めるフロンターレらしさとは(3)】2週間で求めた“高いレベルで目を揃える”要求……「本来フロンターレに入った時は、基準が高くて入っていくのが大変」
サッカー批評編集部
【川崎・鬼木監督が改めて求めるフロンターレらしさとは(2)】今季、口にしてきた「覚悟を決めた」への想い。「長く話してしまいました」と苦笑いするほどに丁寧に紡いだ言葉
サッカー批評編集部
【川崎・鬼木監督が改めて求めるフロンターレらしさとは(1)】「トレンドとは少し、逆行とは言いませんけども」と話す覚悟――「選手個人のプレー・顔が見える」ように
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 32