「名古屋グランパス」

名古屋グランパス

ホームスタジアム/パロマ瑞穂スタジアム (入場可能数:20,223人)。ホームタウン/愛知県/名古屋市、豊田市、みよし市を中心とする全県。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/英語で名古屋のシンボル「鯱」の意味を指す、グランパス(GRAMPUS)を使用。エイト(EIGHT)は名古屋市の記章、「末広がり」を表している。歴史/1991年に名古屋グランパスエイトとして創部、2008年に現在の名前に改称された。エンブレムの最上部には王者の王冠、盾状のエンブレムにはチーム名の頭文字と「シャチ」がデザインされている。

「名古屋グランパス」の記事一覧
【移籍でこうなる!】監督交代でも名古屋グランパスは「深化」へ!より洗練された補強が進む【2022年J1クラブ最速予想】
サッカー批評編集部
「チーム得点王」は「出場時間3位」のあのダイナモ!【21年チーム別 選手ランキング】名古屋グランパス編
サッカー批評編集部
【12月20日更新!】木本恭生が去り、レオ・シルバが加入! 監督交代の名古屋は、中盤に新たな色!?【21-22シーズンJ1全22クラブ移籍最新動向】(2)
サッカー批評編集部
久保建英のドリブルは「なぜ止められない」!?元浦和レッズ、現ドリブル専門スクール代表・桜井直人氏が分析するサッカー日本代表「最強ドリブラーの秘密」(2)
サッカー批評編集部
三笘薫、伊東純也のドリブルは「なぜ止められない」!?元浦和レッズ、現ドリブル専門スクール代表・桜井直人氏が分析するサッカー日本代表「最強ドリブラーの秘密」(1)
サッカー批評編集部
【Jリーグ分析】浦和「江坂任・小泉佳穂・汰木康也・関根貴大」の連携抜群!「名古屋のゴールネットを2回揺らす」もドロー!次なる目標は天皇杯!リカルド・ロドリゲス監督「相手にとって危険なプレーができていた」【再びアジアの舞台に挑むために】(2)
サッカー批評編集部
【Jリーグ分析】浦和VS名古屋、浦和「阿部勇樹、槙野智章、宇賀神友弥」も出場の最終節はドローで6位フィニッシュ!!新スタイルを築いた今季にユンカーとショルツ「Jリーグは簡単ではない」【再びアジアの舞台に挑むために】(1)
サッカー批評編集部
「J1&代表81試合をピッチ取材」した編集部Nが選んだ「すべてがパーフェクトなJ最強CB」【サッカー批評が選ぶ「2021年J1ベストイレブン」】編集部N(2)
サッカー批評編集部
江坂任と「元チームメート」家長昭博が競演!「浦和を苦しめたツワモノ」のMVPは名古屋のボランチ!【サッカー批評が選ぶ「2021年J1ベストイレブン」】浦和担当記者E編(2)
サッカー批評編集部
「チーム一丸」を重視する編集長Nが「優勝・川崎と同じ4人を選出した」クラブ【サッカー批評が選ぶ「2021年J1ベストイレブン」】
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】最終節の強豪決戦!「名古屋グランパス対浦和レッズ」両者が見据える「来季ACL出場権」と「天皇杯」!「4位必須」の名古屋、「天皇杯前」の浦和は「決戦前哨戦」!
サッカー批評編集部
PHOTOギャラリー「ピッチの焦点」【ルヴァン杯決勝】名古屋グランパスvsセレッソ大阪 10月30日13時9分キックオフ(埼玉スタジアム2002)撮影/渡辺航滋
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 18
おすすめ