「名古屋グランパス」

名古屋グランパス

ホームスタジアム/パロマ瑞穂スタジアム (入場可能数:20,223人)。ホームタウン/愛知県/名古屋市、豊田市、みよし市を中心とする全県。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/英語で名古屋のシンボル「鯱」の意味を指す、グランパス(GRAMPUS)を使用。エイト(EIGHT)は名古屋市の記章、「末広がり」を表している。歴史/1991年に名古屋グランパスエイトとして創部、2008年に現在の名前に改称された。エンブレムの最上部には王者の王冠、盾状のエンブレムにはチーム名の頭文字と「シャチ」がデザインされている。

「名古屋グランパス」の記事一覧
【J1プレビュー】「変化の川崎」と「深化の名古屋」 中4日での大一番第2ラウンド!
サッカー批評編集部
【J1分析】名古屋vs川崎のGW2連戦(2)中4日での「5月4日」再戦に向けて
後藤健生
【J1分析】名古屋vs川崎のGW2連戦(1)豊田に響いた「音」と「最大の敗因」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第56回「江戸時代の“旅”をしのんで」の巻
後藤健生
川崎が最強の盾を粉砕!(3)1試合平均「2.62得点」と「勝ち点2.69」で狙う“川崎超え”
サッカー批評編集部
“最強の盾”名古屋が崩壊!(2)むなしく響いた「下げるな!」の掛け声
サッカー批評編集部
川崎が最強の盾を粉砕!(2)家長昭博が大一番で見せた「異例のウォーミングアップ」
サッカー批評編集部
“最強の盾”名古屋が崩壊!(1)川崎はどのように赤鯱の堅守を崩したのか
サッカー批評編集部
川崎が最強の盾を粉砕!(1)“名古屋のプラン”を破壊した「鬼木監督の勝負采配」
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】「6ポインター」第1ラウンド! 「最強の矛」川崎と「最強の盾」名古屋が真っ向勝負!
サッカー批評編集部
「最強の矛盾対決」川崎vs名古屋(2)戦列離脱中の2人が握る「戦術的柔軟度」
サッカー批評編集部
「最強の矛盾対決」川崎vs名古屋(1)1試合平均「2.5得点」と「0.25失点」のスペシャル・ワン
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 13