「名古屋グランパス」

名古屋グランパス

ホームスタジアム/パロマ瑞穂スタジアム (入場可能数:20,223人)。ホームタウン/愛知県/名古屋市、豊田市、みよし市を中心とする全県。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/英語で名古屋のシンボル「鯱」の意味を指す、グランパス(GRAMPUS)を使用。エイト(EIGHT)は名古屋市の記章、「末広がり」を表している。歴史/1991年に名古屋グランパスエイトとして創部、2008年に現在の名前に改称された。エンブレムの最上部には王者の王冠、盾状のエンブレムにはチーム名の頭文字と「シャチ」がデザインされている。

「名古屋グランパス」の記事一覧
【川崎フロンターレ・鬼木達監督、9月14日の名古屋グランパス戦前会見(3)】「変なやり方をすれば(試合を)飛ばすこともできたのかもしれない。でも、自分の中ではそれをやったら没収試合だなと思っていた」「3連覇を目指すことは一番ブレちゃいけない」《新型コロナ誤認で7月16日の試合中止》
サッカー批評編集部
【川崎フロンターレ・鬼木達監督、9月14日の名古屋グランパス戦前会見(2)】「感情は押し殺してゲームに集中する」「19時30分(キックオフ)はサポーターが来ずらい」「声出し応援じゃなかった」《新型コロナ誤認で7月16日の試合中止》
サッカー批評編集部
【川崎フロンターレ・鬼木達監督、9月14日の名古屋グランパス戦前会見(1)】「正直な話をすれば、到底納得のいくものではない」「(自分たちは)選手が少ない人数でも戦ってきた」「自分たちは自分たちの正しいやり方で示していこう」《新型コロナ誤認で7月16日の試合中止》
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第97回「出してくれたらお返しするのがマナー?」(3)「フェアプレーの悪用」に敢然と立ち向かったJリーグ監督
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第97回「出してくれたらお返しするのがマナー?」(2)「アンフェアゴール」をうまく収めたアーセン・ベンゲルの見事な一手
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第97回「出してくれたらお返しするのがマナー?」(1)見落としてはいけない「アンフェアゴール」の伏線
大住良之
異例の珍事! アビスパ福岡が名古屋グランパスに「無抵抗ゴール」を許す! 監督同士の話し合いの末、福岡の選手が「棒立ち守備」で故意に失点
サッカー批評編集部
「コロナ後」にも忘れてはいけない「Jリーグの宝」【サポーターの歌声がなければJリーグではない】(3)
大住良之
【J1分析】磐田「熱いメッセージ」横断幕の前でのプレーも反撃始まらず【名古屋グランパスvsジュビロ磐田】(2)
原壮史
リカルド・ロドリゲス監督が「アンフィールドのよう」と称賛したスタジアムの力【サポーターの歌声がなければJリーグではない】(2)
大住良之
「コロナ前」が遠くなっても、まったく変わらないサポーターの歌声【サポーターの歌声がなければJリーグではない】(1)
大住良之
【J1分析】ジュビロ磐田「伊藤彰監督解任後の新体制初試合」も名古屋に敗北【名古屋グランパスvsジュビロ磐田】(1)
原壮史
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 26