「鹿島アントラーズ」

鹿島アントラーズ

ホームスタジアム/県立鹿島サッカースタジアム (入場可能数:38,669人)。ホームタウン/茨城県/鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市。チームカラー/ディープレッド。クラブ名の由来/英語で「鹿の枝角」の意味を示すANTLERから、アントラーズ(ANTLERS)。エンブレムにも鹿が用いられている。歴史/前身となる住友金属工業蹴球同好会は大阪で結成され、後に住友金属工業蹴球団と改称。1975年に当時の茨城県鹿島町へ移転。1991年にチーム名を鹿島アントラーズと改称し、Jリーグのオリジナルメンバーとなった。

「鹿島アントラーズ」の記事一覧
鹿島アントラーズ「最下位からの復権へ」(1)「高卒ルーキー・荒木初先発」新メンバーと新戦術
サッカー批評編集部
引退・内田篤人「至言インタビュー」再び(5)「3連覇時代のビデオをたまに見るんですけど、やっぱり面白い」
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第21回「GKたちの見果てぬ夢」
大住良之
引退・内田篤人「至言インタビュー」再び(4)「海外に行きたくなかった。鹿島がすごく好きだった」
サッカー批評編集部
「J1プレビュー」8/26 FC東京-鹿島「前半からゴール誕生」の熱い予感
サッカー批評編集部
内田篤人、引退会見での“心の名言”「奥さんは小中学校のときから、ボールを追いかける姿を見守ってくれていた」
“鹿島の背番号2”「内田篤人は永遠に」 PHOTOギャラリー「ピッチの焦点」「鹿島ーG大阪」 
引退・内田篤人「至言インタビュー」再び(3)「ベンチに座るために来たんじゃない」
サッカー批評編集部
引退・内田篤人「至言インタビュー」再び(2)ヨーロッパで知った小笠原満男の凄さ「あの人が世界基準」
サッカー批評編集部
現役引退・内田篤人「至言インタビュー」再び(1)欧州“相棒”との阿吽の呼吸「戻ってこいって言ったことない」
サッカー批評編集部
「J1プレビュー」鹿島―G大阪|内田と昌子の“因縁ラストマッチ”の結末は⁉
サッカー批評編集部
8・23ラストマッチ内田篤人、プレーを支えた秘めたる「結婚観」
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 18
  3. 19
  4. 20
  5. 21
  6. 22