「鹿島アントラーズ」

鹿島アントラーズ

ホームスタジアム/県立鹿島サッカースタジアム (入場可能数:38,669人)。ホームタウン/茨城県/鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市。チームカラー/ディープレッド。クラブ名の由来/英語で「鹿の枝角」の意味を示すANTLERから、アントラーズ(ANTLERS)。エンブレムにも鹿が用いられている。歴史/前身となる住友金属工業蹴球同好会は大阪で結成され、後に住友金属工業蹴球団と改称。1975年に当時の茨城県鹿島町へ移転。1991年にチーム名を鹿島アントラーズと改称し、Jリーグのオリジナルメンバーとなった。

「鹿島アントラーズ」の記事一覧
「J1プレビュー」8/19 横浜FC-鹿島「新たな扉を開く一戦!?」
サッカー批評編集部
「J1プレビュー」8/16 鹿島-神戸「元日の再戦の行方は?」
サッカー批評編集部
「J1プレビュー」8/8 鹿島―鳥栖「似たもの同士が差異で勝負」
サッカー批評編集部
「J1プレビュー」8/1 大分―鹿島「明暗を分けるのはセットプレー!?」
サッカー批評編集部
後藤健生の「Jリーグ中間報告」(1)横浜FM大苦戦の裏に「日本的守備の熟成」ー仙台と横浜FC
後藤健生
「J1プレビュー」7/26 鹿島―FC東京「ケガ人の穴を埋める総合力で勝負!」
サッカー批評編集部
「J1プレビュー」7/22 湘南―鹿島「“次”もにらみながらの総力戦」
「J1プレビュー」7/18 鹿島―横浜FM 「序列」を変えるのはどちらだ!?
サッカー批評編集部
「サッカー批評のtoto予想」(第1172回 )
サッカー批評編集部
「J1プレビュー」7 /12 浦和―鹿島「無敗キープか、初勝利かー運命の埼スタ」
サッカー批評編集部
興梠慎三論―そのストライカーの美―(2)「水のように、幼児のように」
大住良之
興梠慎三論―そのストライカーの美―(1)「誰も届かない、至高の場所で」
大住良之
  1. 1
  2. 14
  3. 15
  4. 16
  5. 17
  6. 18