「浦和レッズ」

浦和レッズ

ホームスタジアム/埼玉スタジアム2002(入場可能数:62,010人)。ホームタウン/埼玉県/さいたま市。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/「ダイヤモンド」と、クラブカラーの「レッド」を組み合わせた名称。チーム名は浦和レッドダイヤモンズだが、ファンからは「浦和レッズ」で親しまれている。歴史/1950年、中日本重工サッカー部として創部。1964年に三菱重工業サッカー部、1990年に三菱自動車工業サッカー部と名称を変え、1991年にJリーグ正会員に。1993年に開幕したJリーグ、現在の名称で参戦。

「浦和レッズ」の記事一覧
「歴史的優勝」に向け川崎が埼玉スタジアムで大暴れする!「J1プレビュー」浦和―川崎
サッカー批評編集部
「賢者の贈り物」ミシャ・ペトロヴィッチ論(2)「ものごとを良い方向に動かせるのは『チーム』だけだ」
大住良之
「賢者の贈り物」ミシャ・ペトロヴィッチ論(1)日本サッカー史に残る「ミシャ式」の衝撃
大住良之
J1ベガルタ仙台「債務超過報道」を考える(2)浦和、横浜M、神戸、G大阪……数えきれない“予備軍”
サッカー批評編集部
J1ベガルタ仙台「債務超過報道」を考える(1)Jクラブの「スポンサー収入」「入場料収入」「人件費」分析
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第24回「なければ寂しいもの」
大住良之
「3強+1」の激戦「最後のなでしこリーグ」に見る日本女子のポテンシャル(2)20歳前後の若い選手が主力に
後藤健生
「3強+1」の激戦「最後のなでしこリーグ」に見る日本女子のポテンシャル(1)神戸の最前列「日本代表コンビ」の破壊力
後藤健生
「公式戦9試合未勝利」札幌が監督の古巣・浦和を打ち破る!「J1プレビュー」札幌―浦和
サッカー批評編集部
「心を掴む選手の条件」浦和ー鳥栖 PHOTOギャラリー「ピッチの焦点」
原壮史
「J1プレビュー」浦和―鳥栖「浦和の勝敗を分ける“前節ベンチ組”」
サッカー批評編集部
現在の得点王は三笘薫!川崎は8年連続で…「J1日本人得点ランキング」を考える
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 35
  3. 36
  4. 37
  5. 40