「林大地」

林大地(はやしだいち)

Daichi HAYASHI。生年月日1997/05/23、身長/体重178/74、出生地・大阪府。千里ひじりSCーG大阪ジュニアユース-履正社高-大阪体育大を経て、サガン鳥栖で2019/08/11にJ初出場。同年にリーグ初得点を記録。大学サッカー界屈指のストライカーで、18年に関西サッカーリーグ得点王を獲得した。ゴールへのどん欲さと、縦への推進力はすでにプロクラス。感情むき出しのプレーで攻撃を盛り上げる。

「林大地」の記事一覧
【メキシコ戦、中村憲剛解説(1)】難敵撃破のカギは「背後へのランニング」!受け手と出し手の「いつ」が合った素晴らしいプレー【東京五輪】
中村憲剛,戸塚啓
サッカー五輪代表「勝利」の陰で(1)久保、堂安のゴールでも…「メキシコにはチーム力で及ばず」
後藤健生
【東京五輪・日本代表1対0辛勝船出】中村憲剛が解説(1)久保建英のゴールはなぜ生まれたか?「前半にはなかった『幅』」
中村憲剛,戸塚啓
U24日本代表、南アフリカ戦直前!(2)「スペイン戦」で浮かび上がった“大きな課題”
サッカー批評編集部
U24日本代表、南アフリカ戦直前!(1)「スペイン戦」で分かった“勝利への武器”
サッカー批評編集部
スペイン人指導者が徹底分析!「五輪日本代表」(3)金メダルを獲るための布陣
サッカー批評編集部
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(3)「2列目の問題は久保建英と堂安律のプレー比率」「冨安健洋、ワールドクラスの証明」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(2)「林大地がワントップの最有力候補」「旗手怜央はどこでもできる」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(1)「久保建英から堂安律のゴール、常に高いレベルのプレーができる」「吉田麻也、冨安健洋、酒井宏樹の凄さ」
大住良之,後藤健生
五輪代表、最高のラストマッチ「07・17スペイン戦」で試すべきこと【生命線となる守備陣編】
サッカー批評編集部
五輪代表、最高のラストマッチ「07・17スペイン戦」で試すべきこと【前線と激動の中盤編】
サッカー批評編集部
【U24日本代表】ホンジュラス戦で守れなかった「吉田麻也の助言」 原悦生PHOTOギャラリー「サッカー遠近」
原悦生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
おすすめ