「林大地」

林大地(はやしだいち)

Daichi HAYASHI。生年月日1997/05/23、身長/体重178/74、出生地・大阪府。千里ひじりSCーG大阪ジュニアユース-履正社高-大阪体育大を経て、サガン鳥栖で2019/08/11にJ初出場。同年にリーグ初得点を記録。大学サッカー界屈指のストライカーで、18年に関西サッカーリーグ得点王を獲得した。ゴールへのどん欲さと、縦への推進力はすでにプロクラス。感情むき出しのプレーで攻撃を盛り上げる。

「林大地」の記事一覧
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(7)「久保建英は手ぶらじゃない。メダルはないけど、いろんなものをもらった」「谷晃生は来年のW杯で代表の正GKかも」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(6)「五輪代表からA代表のレギュラーに7人」「三笘薫の可能性」「板倉滉は本当にすごい選手になった」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(5)「森保一監督采配の唯一の問題」「五輪という機会を120%使い切った」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(4)「上田綺世と三笘薫が先発でやってくれれば…」「日本人選手もメキシコリーグに行ってもいいのでは」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】残り一戦の激論(3)「久保建英は吉田麻也の域に達してほしい」「日本のゴールは谷晃生に任せていい」「ヘディングは日本サッカーの弱点」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】残り一戦の激論(2)「東京五輪の最大の発見は林大地」「日本には本田圭佑が必要だった」
大住良之,後藤健生
【スペイン戦、中村憲剛解説】メダル獲得の大きな意味!メキシコとの3位決定戦は「次代を担う選手たちの日常を変える戦い」【東京オリンピック】(2)
中村憲剛,戸塚啓
【スペイン戦、中村憲剛解説】「前を向く努力」「卓越のパス技術」「二段階の守備」…日本の「限界」を超えてきたクオリティ【東京オリンピック】(1)
中村憲剛,戸塚啓
【東京オリンピックサッカー】久保建英は得点王なるか?準決勝スペイン代表戦の「前線プレス型」日本代表予想スタメン【中盤からFW】(2)【図表】
サッカー批評編集部
【NZ戦、中村憲剛解説(2)】「割り切り」が手繰り寄せた勝利!準決勝「対スペイン戦」勝負の分かれ目は「日本の出方」【東京五輪】
中村憲剛,戸塚啓
【NZ戦、中村憲剛解説(1)】「大きな勝利」!苦戦の理由は「日本選手の距離感の分断」と「ニュージーランドの潔さ」【東京五輪】
中村憲剛,戸塚啓
【東京五輪】決勝Tの激論(4)「林大地は今大会の大発見」「大迫勇也の後継者になってくれるかもしれない」
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 8
おすすめ