「久保建英」

久保建英(くぼたけふさ)

Takefusa KUBO。生年月日2001/06/04、 身長/体重173/67、 出生地・神奈川県。川崎フロンターレU-12ーFCバルセロナーFC東京U-15むさし を経て、FC東京で2016/11/05にJ初出場。稀代の天才としてジュニア時代から注目を受ける。15歳5ヵ月1日でのデビューはJリーグ史上最年少記録。2019年にレアル・マドリードと契約。卓越したサッカーセンスと、相手を華麗にかわすドリブルを持っており、そのプレースタイルからリオネル・メッシ選手を連想するファンも多い。期限付き移籍先のRCDマヨルカで経験を積んだのちに、20年にビジャレアルへ。

「久保建英」の記事一覧
久保建英、マジョルカへのレンタル移籍が濃厚!?ライバルとなるのは…古巣復帰でフィットできるか?
サッカー批評編集部
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(7)「久保建英は手ぶらじゃない。メダルはないけど、いろんなものをもらった」「谷晃生は来年のW杯で代表の正GKかも」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(6)「五輪代表からA代表のレギュラーに7人」「三笘薫の可能性」「板倉滉は本当にすごい選手になった」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(5)「森保一監督采配の唯一の問題」「五輪という機会を120%使い切った」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(4)「上田綺世と三笘薫が先発でやってくれれば…」「日本人選手もメキシコリーグに行ってもいいのでは」
大住良之,後藤健生
【メキシコ戦、中村憲剛解説】三笘薫が輝けた「川崎フロンターレの形」と五輪後の「日本サッカーへの期待」【東京オリンピック】(2)
中村憲剛,戸塚啓
【メキシコ戦、中村憲剛解説】久保建英の「涙」に考えさせられた「個人とチーム」責任の背負い方【東京オリンピック】(1)
中村憲剛,戸塚啓
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(3)久保建英、最後にあれほど泣いた理由「限界だと思った久保が生き返った」「森保一監督から久保へのメッセージ」「日本はすべてを出し尽くした」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(2)メキシコ代表戦「もう1点入れば奇跡が起きた」「川崎フロンターレの凄さがわかる」「縦パスが入らないと攻撃はできない」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】最後の激論(1)「久保建英と堂安律は疲れ切ってしまった」「ついに仕掛けた三笘薫」「あと1・5試合早く仕上がっていたら…」
大住良之,後藤健生
【東京オリンピックサッカー】3位決定戦で敗北した日本代表「久保建英と堂安律」にかかりすぎた負担!「三笘薫と上田綺世」が変えた流れ
サッカー批評編集部
【東京オリンピックサッカー】日本代表「3位決定戦敗戦」大号泣・久保建英を守った「絶対放送NGワード」
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 29
おすすめ