「マンチェスター・シティ」

マンチェスター・シティ

ホームスタジアム/エティハド・スタジアム(入場可能数:55,017人)。ホームタウン/マンチェスター。チームカラー/水色。歴史/原点は、マンチェスターの教会が結成したサッカーチームで、合併やプロ組織化などを経て、1894年に現在のチーム名になる。1900年代初頭にはいくつかのタイトルも獲得し、強豪チームの仲間入りを果たしたが、それ以降は低迷。80年代の暗黒時代を乗り切り、2008年に巨額の投資を施しチームを再建。近年はプレミアリーグを連覇するなど、世界有数のクラブチームとなる。

「マンチェスター・シティ」の記事一覧
【プレミア分析】マンチェスター・シティ対サウサンプトン「見せつけたシティの個の力」5ゴール快勝
サッカー批評編集部
【プレミア分析】マンチェスター・ダービーはユナイテッド快勝!グアルディオラのシティを止めた「圧巻の戦術」
サッカー批評編集部
【プレミア分析】「グアルディオラの真骨頂」マンC対ウルヴス「残酷なゲーム」
本田千尋
【CL分析】マンチェスター・シティ「定義不能」の2人が躍動!「91%の驚異」
サッカー批評編集部
【ハーランド】ブンデス17試合17ゴールの「ノルウェイの怪物」驚異のジャンピングボレーに見えた未来
本田千尋
アーセナル対マンC アルテタ監督「師・グアルディオラ」超えに足りなかった「一押し」
サッカー批評編集部
エバートン対マンチェスターC「ペップ・シティ 」完勝に見る「日本代表の遠藤・中山」の可能性
本田千尋
マンチェスターC対トッテナム「1on1の明暗」グアルディオラの戦術を支える「超」運動量
サッカー批評編集部
どうしたリバプール「マンチェスターCに1対4」絶望的敗戦のウラにあった「自滅」
サッカー批評編集部
【指揮官の肖像】ジョゼップ・グアルディオラ「世界を変えても、決して満足しない指揮者」
森田泰史
マンチェスターC「2・3・5」の”凄み”!指揮官・グアルディオラの「無慈悲な欲望」
本田千尋
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第43回「初めての海外、初めての海外サッカー観戦」の巻
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6