「マンチェスター・シティ」

マンチェスター・シティ

ホームスタジアム/エティハド・スタジアム(入場可能数:55,017人)。ホームタウン/マンチェスター。チームカラー/水色。歴史/原点は、マンチェスターの教会が結成したサッカーチームで、合併やプロ組織化などを経て、1894年に現在のチーム名になる。1900年代初頭にはいくつかのタイトルも獲得し、強豪チームの仲間入りを果たしたが、それ以降は低迷。80年代の暗黒時代を乗り切り、2008年に巨額の投資を施しチームを再建。近年はプレミアリーグを連覇するなど、世界有数のクラブチームとなる。

「マンチェスター・シティ」の記事一覧
【CL決勝】チェルシーが9季ぶり戴冠!(2)トゥヘルが示した「奇策は不要」の信念
サッカー批評編集部
【CL決勝】チェルシーが9季ぶり戴冠!(1)大舞台での「グアルディオラの悪い癖」
サッカー批評編集部
CL決勝の「ゲームチェンジャー」(2)再現されるドイツでの智将対決と「金の卵」
サッカー批評編集部
CL決勝の「ゲームチェンジャー」(1)「人材」のマンC、「柔軟性」のチェルシー、それぞれの「変わり身」の策
サッカー批評編集部
メガリッチのCL決戦!(2)信じられない投資額で逆転したマンチェスター・シティ
サッカー批評編集部
メガリッチのCL決戦! (1)ロシアンマネーで8年で欧州を制したチェルシー
サッカー批評編集部
【CL決勝プレビュー】訪れる「審判の日」(2)シティが狙うボール「非保持」時のアドバンテージ
サッカー批評編集部
【CL決勝プレビュー】訪れる「審判の日」(1)チェルシーが苦戦必至のシステム
森田泰史
【5月29日CL決勝展望】(2)マンチェスター・シティ躍進に欠かせなかった男
森田泰史
【5月29日CL決勝展望】(1)チェルシーにもたらされた「新布陣」と戦いの幅
森田泰史
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第59回「ポーランド人と日本人」の巻
後藤健生
「賢人」グアルディオラの実像(3) シティをCL決勝へと押し上げた「経験の還元」
森田泰史
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6