「マヌエル・ノイアー」

マヌエル・ノイアー(まぬえる・のいあー)

Manuel NEUER。生年月日1986/03/27、身長/体重193/92、出身・ドイツ。シャルケ04のユースで育ち、2006年にブンデスリーガデビューを果たす。07年シーズンからはハンブルガーSVでプレー、クラブの躍進に大きく貢献し、UEFA最優秀GK賞にも選出された。その活躍を受け、11年にバイエルン・ミュンヘンに移籍。クラブとドイツ代表の両方でキャプテンを務める。スーパーセーブを連発する世界最高峰GK。

「マヌエル・ノイアー」の記事一覧
【EURO2020】フランス対ドイツ(2)「ピッチ上の俳優」ポグバ「圧倒的な状況把握能力」
サッカー批評編集部
【EURO2020】フランス対ドイツ(1)「ピッチ上の俳優」ポール・ポグバ「決定機を3回も演出」
サッカー批評編集部
F I F AクラブW杯に改革を!(1)圧巻だったバイエルン・ミュンヘン
後藤健生
まだ20歳 バイエルン相手の“怪物ゴール”ドルトムント・ハーランドの未来
本田千尋
堂安律がバイエルン戦でブンデス初初ゴール!世界王者相手に「飢えと欲」有言実行
サッカー批評編集部
バイエルンCL制覇!11戦全勝“史上最強”軍団の「7年前の5人」
サッカー批評編集部
チャンピオンズリーグ決勝「7年前の5人」バイエルン“華麗なる粉砕マシン”の饗宴
サッカー批評編集部
バルセロナ、ブラジル…「大量失点のケミストリー」(2)「運命を分けるスコア2−0」
大住良之
チャンピオンズリーグ決勝はバイエルン対PSG !“磨耗しない超精密チーム”がリヨンを圧倒
サッカー批評編集部
ブンデスリーガ8連覇&30回目優勝!怪物・バイエルン常勝の理由
サッカー批評編集部
“リティ”が語る「ドイツ超30年進化論」第4回/全4回(アーカイブ記事『サッカー批評89』より)
遠藤孝輔
おすすめ