「マッシモ・フィッカデンティ」

マッシモ・フィッカデンティ(まっしも・ふぃっかでんてぃ)

MASSIMO FICCADENTI。生年月日1967/11/06。出生地・イタリア。2014年、FC東京でJ初指揮。現役時代は、主にイタリアのセリエBで活躍。選手時代に名古屋グランパスからオファーを受けており、それからJリーグに興味を示すようになる。セリエC2のクラブチームの監督として、指導者のキャリアをスタート。守備組織の構築を得意とし、攻守のバランスが取れたシステムを駆使し様々なチームで結果を挙げた。セリエAのACチェゼーナ時代には、長友佑都の指導をしたことでも有名。

「マッシモ・フィッカデンティ」の記事一覧
川崎、名古屋に連勝!(3)川崎がここ数試合で見せる「後半のペースダウン」
サッカー批評編集部
5月4日「川崎対名古屋」戦でよぎった「2014年ブラジルW杯」の記憶
熊崎敬
「5月4日の首位決戦第2戦」原悦生PHOTOギャラリー「サッカー遠近」 川崎ー名古屋
原悦生
川崎、名古屋に連勝!(2)サイド攻略を呼び込んだ「試合中の対峙分析力」
サッカー批評編集部
名古屋、痛恨の連敗!(2)川崎に連敗で目指すは「国内最強ではないリーグ優勝」
サッカー批評編集部
川崎vs名古屋「決戦の勝敗を分けたもの」(2)2戦目に「レフェリーの笛」が増えた理由
後藤健生
川崎、名古屋に連勝!(1)事前に想定していた「もらったファールの生かし方」
サッカー批評編集部
名古屋、痛恨の連敗!(1)6日で水泡と帰した「積み上げたもの」
サッカー批評編集部
川崎vs名古屋「決戦の勝敗を分けたもの」(1)セカンドレグ「名古屋の変貌」
後藤健生
川崎が名古屋に2連勝! 圧巻3得点で国内最強&優勝“当確”を示す!
サッカー批評編集部
【J1分析】名古屋vs川崎のGW2連戦(2)中4日での「5月4日」再戦に向けて
後藤健生
【J1分析】名古屋vs川崎のGW2連戦(1)豊田に響いた「音」と「最大の敗因」
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
おすすめ