「マッシモ・フィッカデンティ」

マッシモ・フィッカデンティ(まっしも・ふぃっかでんてぃ)

MASSIMO FICCADENTI。生年月日1967/11/06。出生地・イタリア。2014年、FC東京でJ初指揮。現役時代は、主にイタリアのセリエBで活躍。選手時代に名古屋グランパスからオファーを受けており、それからJリーグに興味を示すようになる。セリエC2のクラブチームの監督として、指導者のキャリアをスタート。守備組織の構築を得意とし、攻守のバランスが取れたシステムを駆使し様々なチームで結果を挙げた。セリエAのACチェゼーナ時代には、長友佑都の指導をしたことでも有名。

「マッシモ・フィッカデンティ」の記事一覧
川崎が最強の盾を粉砕!(3)1試合平均「2.62得点」と「勝ち点2.69」で狙う“川崎超え”
サッカー批評編集部
“最強の盾”名古屋が崩壊!(2)むなしく響いた「下げるな!」の掛け声
サッカー批評編集部
川崎が最強の盾を粉砕!(2)家長昭博が大一番で見せた「異例のウォーミングアップ」
サッカー批評編集部
“最強の盾”名古屋が崩壊!(1)川崎はどのように赤鯱の堅守を崩したのか
サッカー批評編集部
川崎が最強の盾を粉砕!(1)“名古屋のプラン”を破壊した「鬼木監督の勝負采配」
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】「6ポインター」第1ラウンド! 「最強の矛」川崎と「最強の盾」名古屋が真っ向勝負!
サッカー批評編集部
「最強の矛盾対決」川崎vs名古屋(2)戦列離脱中の2人が握る「戦術的柔軟度」
サッカー批評編集部
「最強の矛盾対決」川崎vs名古屋(1)1試合平均「2.5得点」と「0.25失点」のスペシャル・ワン
サッカー批評編集部
名古屋公式がピクシーとコラボ!「美しすぎる&気持ちよすぎる“ガッツポーズお姉さん”」
サッカー批評編集部
【J1分析】G大阪を切り裂く「切っ先」相馬勇紀が示した「名古屋の資格」
サッカー批評編集部
【J1速報】名古屋がG大阪に快勝で「川崎首位決戦」に突入!五輪候補の相馬勇紀1A1G
サッカー批評編集部
【J1分析】難攻不落の名古屋を攻略!戦力大流出でも…「鳥栖3位浮上」は必然!
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7