「マッシモ・フィッカデンティ」

マッシモ・フィッカデンティ(まっしも・ふぃっかでんてぃ)

MASSIMO FICCADENTI。生年月日1967/11/06。出生地・イタリア。2014年、FC東京でJ初指揮。現役時代は、主にイタリアのセリエBで活躍。選手時代に名古屋グランパスからオファーを受けており、それからJリーグに興味を示すようになる。セリエC2のクラブチームの監督として、指導者のキャリアをスタート。守備組織の構築を得意とし、攻守のバランスが取れたシステムを駆使し様々なチームで結果を挙げた。セリエAのACチェゼーナ時代には、長友佑都の指導をしたことでも有名。

「マッシモ・フィッカデンティ」の記事一覧
【J1分析】浦和は名古屋相手に“価値あるスコアレスドロー”(2)「前半飲水タイム」「試合後」に見えた“浦和の総合力”
サッカー批評編集部
【J1分析】浦和、名古屋相手に“価値あるスコアレスドロー”(1)リカルド監督「シーズンの最初は今日のような試合はできなかった」コメントの真意
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】浦和VS名古屋「真価が問われる一戦」攻撃好調・浦和が名古屋“カテナチオ”に挑む!
サッカー批評編集部
【J1分析】遠のく首位川崎の背中… 見えなかった名古屋の「奪いどころ」
サッカー批評編集部
【J1分析】諦めない名古屋 中2日での連戦で示した「前進」の覚悟
サッカー批評編集部
サッカーの賢者・湯浅健二さんに聞く「Jの面白さ」(3) 西ドイツの名将ヘルベルガーの「最高の言葉」
大住良之
サッカーの賢者・湯浅健二さんに聞く「Jの面白さ」(2) 川崎レアンドロ・ダミアン「ブラジル代表監督に眼力があれば、革命が起きる」
大住良之
サッカーの賢者・湯浅健二さんに聞く「Jの面白さ」(1) 「仙台・手倉森監督も湘南・浮嶋監督もサッカーの本質を理解している」
大住良之
【J1プレビュー】清水vs名古屋「東海ダービー」停滞を打破するのは?
サッカー批評編集部
川崎vs名古屋「決戦の勝敗を分けたもの」(3)最終盤のマテウスに見た「名古屋の底力」

後藤健生
川崎、名古屋に連勝!(3)川崎がここ数試合で見せる「後半のペースダウン」
サッカー批評編集部
5月4日「川崎対名古屋」戦でよぎった「2014年ブラジルW杯」の記憶
熊崎敬
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
おすすめ