「セレッソ大阪」

セレッソ大阪

ホームスタジアム/ヤンマースタジアム長居(入場可能数:47,853人)。ホームタウン/大阪府/大阪市、堺市。チームカラー/ピンク。クラブ名の由来/セレッソ(CEREZO)はスペイン語で「桜」の意味。大阪市の花である「桜」、そして日本を代表するチームに育つようにと願いが込められている。歴史/前身は1957年に創部されたヤンマーディーゼルサッカー部。1993年に現在の「セレッソ大阪」となり、1995年からJリーグに参戦。エンブレムには桜と、水都・大阪の川をイメージしたストライプが描かれている。

「セレッソ大阪」の記事一覧
速報【ルヴァンカップ決勝】名古屋グランパスとセレッソ大阪は互いに譲らず0-0で前半終了
サッカー批評編集部
速報【ルヴァンカップ決勝】名古屋グランパスは古巣相手の柿谷曜一朗ら、セレッソ大阪は帰国後初タイトルを狙う乾貴士らが先発
サッカー批評編集部
【ルヴァン杯決勝】セレッソ大阪対名古屋グランパス「前日練習と会見」で見えた「因縁と覚悟」(2)C大阪・瀬古歩夢は名古屋・柿谷曜一朗を「潰しに行く。遠慮はしない」
サッカー批評編集部
【ルヴァン杯決勝】セレッソ大阪対名古屋グランパス「前日練習と会見」で見えた「因縁と覚悟」(1)名古屋・フィッカデンティ監督「2年間積み上げてきたもの」
サッカー批評編集部
【ルヴァンカップ決勝プレビュー】「固い盾同士」の決戦に影響する「72時間」【名古屋グランパスvsセレッソ大阪】
サッカー批評編集部
【セレッソ大阪VS浦和レッズ】加藤陸次樹「どうしても決めたかったゴール」で浦和下す!セレッソ大阪が「4年ぶりの決勝」へ 原悦生PHOTOギャラリー「サッカー遠近」
原悦生
【Jカップ分析】浦和・小泉佳穂と江坂任の「生命線」封じられ…岩波拓也「攻撃陣を自由にするのが僕らの仕事」ルヴァン準決勝敗退【セレッソ大阪vs浦和レッズ】浦和の「次なる目標」(2)
サッカー批評編集部
【Jカップ分析】ルヴァン杯準決勝で敗退…浦和・岩波拓也と鈴木彩艶がそれぞれ感じた「責任」とは?【セレッソ大阪vs浦和レッズ】浦和の「次なる目標」(1)
サッカー批評編集部
【Jカップ分析】浦和5年ぶりのルヴァン杯決勝進出ならず!進む「浦和対策」…リカルド監督「インテンシティで強く行く、戦うところを高めていく」【セレッソ大阪vs浦和レッズ】勝つための「模索」(2)
サッカー批評編集部
【Jカップ分析】秘密兵器・槙野智章投入も実らず浦和ベスト4で敗退!リカルド監督「相手が抑えやすい動かし方をしてしまった」【セレッソ大阪vs浦和レッズ】勝つための「模索」(1)
サッカー批評編集部
【ルヴァン杯プレビュー】準決勝第2戦「セレッソ大阪対浦和レッズ」アドバンテージはホームのC大阪!!浦和は準々決勝の川崎戦に続く「逆転突破」なるか!?
サッカー批評編集部
【Jカップ分析】「攻めなければ不可」の次戦に臨むリカルド・ロドリゲス監督の苦悩【浦和レッズ対セレッソ大阪】前半と後半は「別の顔」(2)
原壮史
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 17
おすすめ