「ボルシア・ドルトムント」

ボルシア・ドルトムント

ホームスタジアム/ジグナル・イドゥナ・パルク(入場可能数:81,365人)。ホームタウン/ドルトムント。チームカラー/黒、黄。歴史/1909年、スポーツクラブのサッカー選手によって設立、略称である「BVB」は「ボルシアの球技クラブ」という意。ブンデスリーガ発足前から活躍をしていた名門クラブで、70年代の低迷により一時2部リーグへと降格したものの、90年代にゲルト・ニーバウム会長を先頭に改革を遂げ躍進。バイエルンの最大のライバルとして、現在の活躍に至る。

「ボルシア・ドルトムント」の記事一覧
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第77回「きみたちにはいつも僕たちがついている」(3)サポーター合唱コンクールで「間違いなく優勝の国」とは?
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第77回「きみたちにはいつも僕たちがついている」(2)アレンジャーは「ザ・ビートルズと双璧のバンド」
大住良之
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第77回「きみたちにはいつも僕たちがついている」(1)「アメリカで生まれ、世界中で育まれたユル・ネバ」
大住良之
昨季ブンデス「デュエル王」遠藤航を超えた!?「ノルウェーの神童・ハーランド」今季も爆発中
サッカー批評編集部
”爆撃機”を超えた男が躍動!レバンドフスキのゴールが凄い!バイエルンに今季初タイトルをもたらした2ゴールとは?
サッカー批評編集部
欧州に吹き荒れる監督交代の嵐(2)透けて見える来季の勢力図
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第56回「『代表チーム』と同宿」(2)カンボジア代表に「負けた!」と思った日
大住良之
東京五輪男子サッカー組分け決定!「OAを考慮した本当の“死のグループ”」は⁉
サッカー批評編集部
【解説】大激震!スーパーリーグ(4) 「アメリカvsヨーロッパ」バイエルンの高潔さ
サッカー批評編集部
【解説】大激震!スーパーリーグ(3)B・フェルナンデスの「Dreams can‘t be bought」(夢は買えない)
サッカー批評編集部
【解説】大激震!スーパーリーグ(2) 出場権を保持する「特権階級」のボスはレアルの会長
サッカー批評編集部
【解説】大激震!スーパーリーグ(1)「レアル対アタランタ戦」に見る「質の高い試合」の疑問
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
おすすめ