「霜田正浩」

霜田正浩(しもだまさひろ)

Masahiro SHIMODA。生年月日1967/02/10。出生地・東京都。2018年、レノファ山口FCでJ初指揮。ブラジル留学や、ブラジルリーグ・サントスFCでのプレー経験も持つ国際派サッカー選手。現役引退後、コーチ業をスタートし、2001年からはFC東京の強化部で外国籍選手の獲得に尽力。09年からは日本サッカー協会の技術委員を務め、日本代表監督の招聘に携わる。17年にベルギーのプロリーグでコーチとして経験を積み、18年からは山口を指揮している。

「霜田正浩」の記事一覧
【2022年J2「補強診断」大宮アルディージャ編】主力が大きく入れ替わりも泉澤仁、矢島慎也ら即戦力続々…「久保建英世代」武田英寿も浦和から加入!失点減ならJ1昇格争いも【J1昇格可能性『B』】【戸塚啓のJ2のミカタ特別編】
戸塚啓
【2022年J2「補強診断」モンテディオ山形編】実績十分選手が次々加入し、山田康太が「完全移籍」で残留!クラモフスキー体制2年目は「日本最高のフットボールを目ざす」!!【補強充実度『A』】【J1昇格可能性『A』】【戸塚啓のJ2のミカタ特別編】
戸塚啓
【J2最終節「非情な残留争い」】「最下位でJ3降格」松本が掲げていた「勝点84・得点84」の呪縛!北九州、愛媛が“割り切れなかった”「ポイントゲッターの存在」【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)
戸塚啓
【J2最終節「非情な残留争い」】「19位」“待つ”相模原に届かなった「吉報」…愛媛、北九州、松本と共に降格、J3からは熊本と盛岡が昇格!【戸塚啓のJ2のミカタ】(1)
戸塚啓
【J2「生存競争」】ポポビッチ町田は「3年計画」最終年へ――大分、仙台、横浜FCが「降格」“熾烈必至”22年シーズンを「勝ち抜くクラブ」は?【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)
戸塚啓
【J2「生存競争」】愛媛と松本の「J3降格」が決定…「12・5」最終節、「勝点3差」群馬、金沢、大宮、相模原の生き残りバトル!!【戸塚啓のJ2のミカタ】(1)
戸塚啓
【J2ラストスパート】来季を見据え水戸、山形は「監督続投」を発表!新潟アルベルト監督は“個人昇格”FC東京の「新監督就任報道」【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)
戸塚啓
【J2ラストスパート】「J1昇格持ち越し」京都チョウ監督は前向きの一方、相模原「劇的すぎる勝利」、名波松本の「瀬戸際」、大宮も「危険ゾーン突入」の壮絶残留争い!【戸塚啓のJ2のミカタ】(1)
戸塚啓
【J2「霜月の頂上決戦」】「残り4試合」!残留ラインまで「勝点5差」最下位・松本、名波浩監督がドローゲーム後に即答した「生き残るために必要なもの」【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)
戸塚啓
【J2「霜月の頂上決戦」】「首位攻防戦」を制した磐田・服部年宏ヘッドコーチと京都・チョウ監督が試合後に語った「共通の言葉」!【戸塚啓のJ2のミカタ】(1)
戸塚啓
【J2“ラスト10試合”へ】磐田・京都「2強」を追う甲府に「35歳の点取り屋」高崎寛之が加入!「ラストピースとして自分の力をすべて出して戦う」【戸塚啓のJ2のミカタ】(2)
戸塚啓
【J2“ラスト10試合”へ】首位・磐田、長崎に負けて2位転落の京都がなお圧倒的優勢!チョウ監督「我々は座して負けたわけではない」【戸塚啓のJ2のミカタ】(1)
戸塚啓
  1. 1
  2. 2
  3. 3