批評の記事一覧

明暗を分けたプレスの「かけ方」と「かわし方」【「名勝負」川崎フロンターレVS横浜F・マリノスの裏にあった「3つのポイント」】(3)
後藤健生
後藤健生
2022.08.08
8月7日に行われたJ1・24節の川崎フロンターレと横浜F・マリノスの対決は、名勝負となった。ディフェンディングチャンピオンと現在首位に立つチームの対戦だから当然ではあるが、ゲームが白熱した理由がある。熱戦のポイントを、サッカージャーナリス…
持ち前の攻撃サッカーを加速させた日本代表DF山根視来の戦列復帰【「名勝負」川崎フロンターレVS横浜F・マリノスの裏にあった「3つのポイント」】(2)
後藤健生
「攻撃サッカー」の両者ゆえのミス「2つのアディショナルタイム」のマネジメント【「名勝負」川崎フロンターレVS横浜F・マリノスの裏にあった「3つのポイント」】(1)
後藤健生
決勝は「横浜F・マリノスユースとセレッソ大阪U-18」日本クラブユース選手権考察「足を引っ張る」真夏の大会開催【U-18年代のチームとゲーム・コントロール】(2)
後藤健生
力を出し切れなかった日本クラブユース選手権「決勝進出を争った一戦」【U-18年代のチームとゲーム・コントロール】(1)
後藤健生
「町野修斗に9月の欧州遠征で“追試”を」「W杯予選の新しい戦い方が見えた」【ワールドカップへと続くサッカーE-1選手権「9年ぶりの優勝」の激論】(5)
大住良之,後藤健生
「藤田譲瑠チマはカンテやマケレレを彷彿」「本大会へ1人選ぶなら“人を結びつける”水沼宏太」【ワールドカップへと続くサッカーE-1選手権「9年ぶりの優勝」の激論】(4)
大住良之,後藤健生
「相馬勇紀は“役立つ”ドリブルをするようになった」「西村拓真の影響力は貴重」【ワールドカップへと続くサッカーE-1選手権「9年ぶりの優勝」の激論】(3)
大住良之,後藤健生
「J1首位の横浜F・マリノスの完成度を感じさせた」「Jリーグがどれほどすごいかを示す試合になった」【ワールドカップへと続くサッカーE-1選手権「9年ぶりの優勝」の激論】(2)
大住良之,後藤健生
「日本代表の守備は当たりの質が違った」「韓国の選手はパニックになりかけていた」Jリーグのレベル向上を実感した韓国戦【ワールドカップへと続くサッカーE-1選手権「9年ぶりの優勝」の激論】(1)
大住良之,後藤健生
【なでしこジャパン考察】「難しい大会」の意義と2023年ワールドカップに向けての調整【なでしこジャパン「E-1選手権優勝」の意味】(3)
後藤健生
【なでしこジャパン考察】「韓国がベストチーム」に納得せざるを得ない理由【E-1選手権優勝の意味】(2)
後藤健生
【なでしこジャパン考察】最大の収穫はアジアカップのリベンジ【E-1選手権優勝の意味】(1)
後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 98
おすすめ