批評の記事一覧

「データの活用には2つの手法がある」【サイエンスサッカーのいま~片山博義コーチに聞く~】(1)
大住良之
大住良之
2022.09.17
サッカーはどんどん、科学的になっている。もはや、切り離せない関係であると言っていい。日本でもデータを活かした指導をしているのが、片山博義さんだ。サイエンスとサッカーの関係について、サッカージャーナリスト・大住良之が話を聞いた。 片山博義さ…
「一番の驚きは町野修斗の招集」「南野拓実もセンターフォワードで試してほしい」【日本代表「ワールドカップへの最終準備」9月ドイツ遠征直前の激論】(1)
大住良之,後藤健生
「必然」だった家長昭博の先制ゴール【川崎フロンターレVSサンフレッチェ広島の鍵を握った25分間】(3)
後藤健生
パス・サッカー志向の王者がロングボールを多用した理由【川崎フロンターレVSサンフレッチェ広島の鍵を握った25分間】(2)
後藤健生
これまでにない「重量級同士」のような力比べ【川崎フロンターレVSサンフレッチェ広島の鍵を握った25分間】(1)
後藤健生
マッチレースの鍵を握る「もうひとつの神奈川勢」湘南ベルマーレと「暫定首位」サンフレッチェ広島【ようやく見えてきた優勝争いの構図「川崎フロンターレ×横浜F・マリノス」】(4)
後藤健生
昨季王者を苦しめた8月後半の過密スケジュール【ようやく見えてきた優勝争いの構図「川崎フロンターレ×横浜F・マリノス」】(3)
後藤健生
FC東京戦で横浜FMのリズムを狂わせた「2度のVAR介入」【ようやく見えてきた優勝争いの構図「川崎フロンターレ×横浜F・マリノス」】(2)
後藤健生
「日本代表最大勢力」にのしかかった負担【ようやく見えてきた優勝争いの構図「川崎フロンターレ×横浜F・マリノス」】(1)
後藤健生
年間予算相当額を1か月で集めたアイディアと、「人を支えたい」という情熱【森健兒さんとはどんな人物だったのか(上)】(5)
大住良之
日本のトップリーグを戦うチームの環境に抱いた疑問【森健兒さんとはどんな人物だったのか(上)】(4)
大住良之
慶応入学にも三菱入社でもサッカーを「道具」としなかった「へそまがり」【森健兒さんとはどんな人物だったのか(上)】(3)
大住良之
人間性とサッカーの成長につながった広島という土壌【森健兒さんとはどんな人物だったのか(上)】(2)
大住良之
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 98
おすすめ