著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
大住良之×後藤健生『深夜の激論』!「J1再始動――世界屈指の面白さ」(3)ベガルタ椎橋、レッズのデンの獅子奮迅
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生『深夜の激論』!「J1再始動――世界屈指の面白さ」(2)強く激しい横浜―浦和 見いだされた逸材
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生『深夜の激論』!「J1再始動――世界屈指の面白さ」(1)湘南の怒涛の攻めも…90分間不落の仙台
大住良之,後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第14回「オブリガード、TAM航空!」の巻
後藤健生
後藤健生の2020年J1展望・後編「下剋上の季節がやって来た」「命拾いの鹿島」
後藤健生
後藤健生の2020年J1展望・前編「注目の川崎F」「王者F・マリノス攻略法」
後藤健生
「ポストコロナ社会とスポーツ観戦」(後編)
後藤健生
「ポストコロナ社会とスポーツ観戦」(前編)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第12回「乾燥サウナから蒸し風呂へ」の巻
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第11回「ジッダ空港放置プレー」の巻
後藤健生
「無観客だからこそ見える」スタジアムの光景(後編)
後藤健生
「無観客だからこそ見える」スタジアムの光景(前編)
後藤健生
  1. 1
  2. 75
  3. 76
  4. 77
  5. 78
  6. 79