著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
後藤健生の2020年J1展望・前編「注目の川崎F」「王者F・マリノス攻略法」
後藤健生
「ポストコロナ社会とスポーツ観戦」(後編)
後藤健生
「ポストコロナ社会とスポーツ観戦」(前編)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第12回「乾燥サウナから蒸し風呂へ」の巻
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第11回「ジッダ空港放置プレー」の巻
後藤健生
「無観客だからこそ見える」スタジアムの光景(後編)
後藤健生
「無観客だからこそ見える」スタジアムの光景(前編)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第10回「ホールドアップ」の巻
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第9回「乗車拒否の理由」の巻
後藤健生
日本代表「夢の中盤」——1980年、香港で見た(後編)
後藤健生
日本代表「夢の中盤」——1980年、香港で見た(前編)
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」 連載第8回「開かれたブエノスアイレス行きゲート」の巻
後藤健生
  1. 1
  2. 69
  3. 70
  4. 71
  5. 72
  6. 73
おすすめ