「町田浩樹」

町田浩樹(まちだこうき)

Koki MACHIDA。生年月日1997/08/25、 身長/体重190/80、 出生地・茨城県。鹿島アントラーズつくばJrユースー鹿島アントラーズユースを経て、鹿島アントラーズで2017/05/14にJ初出場。主戦場はCBだが、近年は左SBでの起用も多い。着実に経験を重ねており、国内の名選手を相手にも落ち着いたプレーをこなす若手有望株。高い守備力を誇り、特に空中戦で強さを発揮する。趣味は読書。好きなマンガはブルージャイアント。五輪代表(2020年招集)。

「町田浩樹」の記事一覧
横浜FMより「最大で10試合」多く戦う川崎F「川崎フロンターレと横浜F・マリノス」【J1死闘】(3)
後藤健生
【J1分析】鹿島アントラーズ対徳島ヴォルティス「荒木遼太郎とエヴェラウドの微笑」(2)表れていた「アントラーズの現状」
原壮史
PHOTOギャラリー「ピッチの焦点」【明治安田J1リーグ 第24節 鹿島アントラーズvs徳島ヴォルティス 2021年8月15日 18:33キックオフ】
原壮史
【東京五輪】決勝Tの激論(8) 「森保一監督は天才たちをチームで戦わせている」「反対側のトーナメントの山で100万円賭けるならメキシコ」
大住良之,後藤健生
【東京五輪】決勝Tの激論(7)「久保建英や堂安律にとって高身長DFは餌食」「三好康児は大いに成長した」
大住良之,後藤健生
【東京五輪・日本代表1対0辛勝船出】中村憲剛が解説(1)久保建英のゴールはなぜ生まれたか?「前半にはなかった『幅』」
中村憲剛,戸塚啓
【東京オリンピック直前の激論】 大住良之×後藤健生(2)「林大地がワントップの最有力候補」「旗手怜央はどこでもできる」
大住良之,後藤健生
【五輪代表】日本対ホンジュラス(1)「技術の粋」の3ゴールと田中碧
後藤健生
柏レイソル、鹿島下す!(2)ついに見つかった「身長差1センチ違いの“ポスト・オルンガ”」
サッカー批評編集部
柏レイソル、鹿島下す!(1)常勝軍団相手に「高性能カウンター」が連続炸裂
サッカー批評編集部
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(2) 「U-24日本代表」(後編) 「旗手怜央は面白かった」「川崎の左のトライアングルの力」
大住良之,後藤健生
五輪「18人の呪縛」の激論 大住良之×後藤健生(2)「旗手怜央と古賀太陽のマルチ能力」「18歳の鈴木彩艶は間違いなく数年後の日本代表」
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 2
  3. 3
おすすめ