「川崎フロンターレ」

川崎フロンターレ

ホームスタジアム/等々力陸上競技場(入場可能数:26,827人)。ホームタウン/神奈川県/川崎市。チームカラー/サックスブルー、ブラック、ホワイト。クラブ名の由来/フロンターレとはイタリア語で「正面の」「前飾り」の意味。常に最前線で挑戦しつづける気持ちと、正々堂々と戦う姿勢を表現。歴史/1955年にスタートした富士通サッカー部が、1997年にチーム名を川崎フロンターレに改称。1999年Jリーグに参戦。エンブレムに川崎市の花「つつじ」とマスコットの「イルカ」が描かれている。

「川崎フロンターレ」の記事一覧
「J1プレビュー」9/5 横浜FM-川崎F「“8連戦目”は総合力で勝負!」
サッカー批評編集部
川崎が6発圧勝!「ルヴァンカップ4強の顔ぶれ」
サッカー批評編集部
中村憲剛に捧ぐー川崎フロンターレ“王の帰還”(2)小さな振りで強弱を蹴りわける圧倒的技術
後藤健生
中村憲剛に捧ぐ―川崎フロンターレ“王の帰還”(1)誰よりも遠くを見る「隼の眼」
後藤健生
3戦ぶり勝利と黄金の収穫!川崎Fの新戦力「MF旗手怜央」
サッカー批評編集部
パス、ゴール、檄…中村憲剛「301日ぶりの公式戦」での「不変」と「秘密」
サッカー批評編集部
「J1プレビュー」8/29 川崎F-清水「強気で攻め合う真っ向勝負!」
サッカー批評編集部
神戸ー川崎「記録なし。記憶に刻まれたフロンターレ齋藤学の姿」PHOTOギャラリー「ピッチの焦点」
原壮史
「J1プレビュー」8/26 神戸-川崎F「2度あることは3度ある?」
サッカー批評編集部
「J1プレビュー」8/23 名古屋-川崎F「またも名古屋が川崎の赤信号に?」
サッカー批評編集部
試合中の咆哮!川崎F小林悠がピッチでキレた真の理由(2)嗅覚ではなく「チームとしての動き」
サッカー批評編集部
試合中の咆哮!川崎F小林悠がピッチでキレた真の理由(1)「入って来いよ!」の怒声
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 33
  3. 34
  4. 35
  5. 36
  6. 37