「名古屋グランパス」

名古屋グランパス

ホームスタジアム/パロマ瑞穂スタジアム (入場可能数:20,223人)。ホームタウン/愛知県/名古屋市、豊田市、みよし市を中心とする全県。チームカラー/レッド。クラブ名の由来/英語で名古屋のシンボル「鯱」の意味を指す、グランパス(GRAMPUS)を使用。エイト(EIGHT)は名古屋市の記章、「末広がり」を表している。歴史/1991年に名古屋グランパスエイトとして創部、2008年に現在の名前に改称された。エンブレムの最上部には王者の王冠、盾状のエンブレムにはチーム名の頭文字と「シャチ」がデザインされている。

「名古屋グランパス」の記事一覧
横浜FC、名古屋を完封!(2)合流からわずか2日「新加入外国人選手4人の実力」と「レジェンド」カズ
サッカー批評編集部
横浜FCに完敗で名古屋フィッカデンティ監督「チーム全体として弱かった」
サッカー批評編集部
横浜FC、名古屋を完封!(1)最下位脱出へ「中断1か月で仕込んだ守備&速攻」
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」連載第69回「監督たちの命運」(1) 今季のJで相次いだ「解任劇」
大住良之
【7月24日更新! J1夏移籍動向一覧(2)】新たなる黒船? EURO出場の現役ポーランド代表FWが日本に!
サッカー批評編集部
【J1プレビュー】「疲労の極み」の名古屋、鳥栖への「リベンジ」なるか!?
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」連載第67回「過剰なゴールパフォーマンスの愚」(3)変幻自在なネイマールのダンス
大住良之
【五輪代表】日本対ホンジュラス(1)「技術の粋」の3ゴールと田中碧
後藤健生
名古屋がACL4連勝!“豪快マテウス弾”が打開した「スコール直前のスコアレス」
サッカー批評編集部
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」第65回 熱狂と混乱の「アディショナルタイム」(3)Jリーグで最も残念な「アディショナルタイム事件」
大住良之
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(4)「東京五輪最終メンバー」(後編)固まった東京五輪「18人のメンバー」
大住良之,後藤健生
日本代表「怒涛の連戦」激論 大住良之×後藤健生(3)「東京五輪最終メンバー」(前編)相馬、橋岡、三好…「最後のチャレンジ」出場選手の明暗
大住良之,後藤健生
  1. 1
  2. 25
  3. 26
  4. 27
  5. 38