「リカルド・ロドリゲス」

リカルド・ロドリゲス(りかるど・ろどりげす)

RICARDO RODORIGUEZ。生年月日1974/04/03。出生地・スペイン。2017年、徳島ヴォルティスでJ初指揮。レアル・オビエトのユースで活躍していたが、故障により選手キャリアを断念。指導者を志し、同チームのリザーブのコーチに就任する。2007年からはジローナFCのトップチームを指揮。13年にサウジアラビアU-17代表の監督を務めるなど、キャリアを重ね、17年からはJリーグのチームを率いている。ピンチに強い、対応力のあるチームに仕立て上げるのが特徴。

「リカルド・ロドリゲス」の記事一覧
浦和、神戸と価値ある競り分け! (2)神戸に対して浦和が「ノーガード」だった理由
サッカー批評編集部
浦和サポvs酒井高徳「駒場抗争」を終結させた「試合中と試合後の2つの異例行動」
サッカー批評編集部
浦和、神戸と価値ある競り分け! (1)ボール保持ができない場合のリカルド・レッズ「プランB」
サッカー批評編集部
【Jカップ分析】浦和がベスト8進出(2)ユンカーとの最強コンビ!小泉佳穂は移籍後初ゴールに「お待たせしてしまって…」
サッカー批評編集部
【Jカップ分析】浦和がベスト8進出(1)ユンカーがゴール後に母国のデンマーク代表・エリクセンにエール「強く生きて」
サッカー批評編集部
五輪「18人の呪縛」の激論 大住良之×後藤健生(2)「旗手怜央と古賀太陽のマルチ能力」「18歳の鈴木彩艶は間違いなく数年後の日本代表」
大住良之,後藤健生
神戸対浦和の「理不尽さこそサッカー」(3)浦和の「前半と後半の違い」
後藤健生
神戸対浦和の「理不尽さこそサッカー」(2)戦術家・ロドリゲス監督の「コンセプト変更」
後藤健生
神戸対浦和の「理不尽さこそサッカー」(1)浦和のパスコースを封じた神戸の変則3-5-2
後藤健生
【Jカップ分析】リカルド・ロドリゲス監督の「3回の魔法」でレッズ逆転勝利【神戸対浦和】
原壮史
【J1分析】浦和対名古屋「ザ・チャレンジャー」柴戸海が「2人の師」から学んだもの
原壮史
【J1分析】浦和は名古屋相手に“価値あるスコアレスドロー”(2)「前半飲水タイム」「試合後」に見えた“浦和の総合力”
サッカー批評編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 14