著者紹介
後藤健生/Takeo GOTO

後藤健生/Takeo GOTO(ごとうたけお)

1952年東京生まれ。1964年10月に東京五輪で初めてサッカーを観戦(ハンガリー対モロッコ)。以後、「日本サッカー冬の時代」にも飽きもせずにサッカーを見続けてきた。1974年、初めてW杯を現地生観戦。ベッケンバウアーとクライフの対決を見届ける。主な著書に『日本サッカー史――日本代表の90年』(2007年、双葉社)、『国立競技場の100年――明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ』(2013年、ミネルヴァ書房)、『森保ジャパン 世界で勝つための条件―日本代表監督論』(2019年、NHK出版新書)など。秋になると、昼に開催される試合と夜の試合があるので、1日に2試合以上観戦することもできるようになります。9月の27日、今シーズン初めて複数試合観戦を決行。季節もよくなり、10月は何試合観戦することができるやら……。

「後藤健生(ごとうたけお)」の記事一覧
ミラノ・ダービーで蘇る「サンシーロ」の記憶(2)バレージ、フリットの「ACミラン黄金時代」
後藤健生
ミラノ・ダービーで蘇る「サンシーロ」の記憶(1)インテルが見せた「イタリア・サッカーの真髄」
後藤健生
【後藤健生】J1リーグ2021順位予想(2)期待したい「マリノスと鹿島」
後藤健生
【後藤健生】J1リーグ2021順位予想(1)メインテーマは「川崎の連覇」
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第46回「大木旅館の愛しのトリフィーナ」の巻
後藤健生
F I F AクラブW杯に改革を!(3)オリンピックを拒否するMLB
後藤健生
F I F AクラブW杯に改革を!(2)大住良之氏への反論「クラブW杯の存在意義」
後藤健生
F I F AクラブW杯に改革を!(1)圧巻だったバイエルン・ミュンヘン
後藤健生
2021年Jリーグ動向「3人の新監督」(2)「浦和は待てるか」「命運を分ける3週間」
後藤健生
2021年Jリーグ動向「3人の新監督」(1)ロティーナは「清水に最適任」監督
後藤健生
後藤健生の「蹴球放浪記」連載第45回「そういえば、出演料もらわなかったな」の巻
後藤健生
危ぶまれる東京五輪(3)「悪者になりたくない」でいいのか
後藤健生
  1. 1
  2. 48
  3. 49
  4. 50
  5. 65