著者紹介
大住良之/Yoshiyuki OSUMI

大住良之/Yoshiyuki OSUMI(おおすみよしゆき)

1951年神奈川県横須賀市生まれ。中学1年生のときに校内誌の編集部にはいり、中学3年からはかけもちでサッカー部でも活動。大学卒業4年生の1973年から『サッカー・マガジン』編集部で働き、1982年以降はトヨタカップなどのチーム取材で欧州と南米の強豪クラブを取材。1988年にフリーランスとなる。以後は日本代表とJリーグの取材が中心となるが、ワールドカップは1974年ドイツ大会から、オリンピックは1996年から取材。『東京新聞』や「日経電子版」などコラムを書く一方、1984年以来東京の女子サッカークラブ「FC PAF」の監督を務める。JFA公認C級コーチ、サッカー4級審判員。

「大住良之(おおすみよしゆき)」の記事一覧
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(4)人材豊富なバック陣と原口元気
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(3)“窮屈だった“久保建英とその可能性
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(2)伊東純也と鈴木武蔵
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本代表2020年10月オランダ遠征(1)コートジボワール戦「日本の選手は本当に賢い」
大住良之,後藤健生
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第28回「天皇杯最大のミステリー 釜本は本当にコインを見たのか」
大住良之
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本対カメルーン(5) 「浦和と川崎のパスの差」に見る“日本最大の問題”
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本対カメルーン(4) 「釜本がいたら2対0で勝ってた」日本ストライカー論
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本対カメルーン(3)「ヨーロッパ組が“日本代表ベスト”ではない」Jの可能性
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本対カメルーン(2)“3バックの劇的変化”と久保建英の可能性
大住良之,後藤健生
大住良之×後藤健生「深夜の激論」日本対カメルーン(1)「日本代表史上最高のCB陣」
大住良之,後藤健生
大住良之の「この世界のコーナーエリアから」 第27回「ストッキングか、ソックスか」
大住良之
「レッズランド再生秘話」台風被災からの復興(5)浦和レッズの「ゴール裏」で培われた大きな力
大住良之
  1. 1
  2. 26
  3. 27
  4. 28
  5. 32